2018 年  日本はどこへ


ご隠居さん

新年あけましておめでとうございます。

やあ,元気?。

何だか浮かない顔つきですね。

新聞を眺めていると,愉快でないことが毎日並んでいるからね。


例えば,どんな記事ですか?




防衛省が、海上自衛隊最大のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」を空母に改修し、航空自衛隊がステルス機能を持つ最新鋭戦闘機F35Bを導入し搭載する検討に入ったことがわかった。日本は憲法9条に基づく「専守防衛」を掲げ攻撃型空母など攻撃的兵器を保有してこなかった。改修後に実質的な攻撃能力をもつようになれば、防衛政策を大きく転換させる恐れが強い。

複数の防衛省幹部が明らかにした。「いずも」は全長248メートル、基準排水量約1万9500トンの護衛艦で空母のように甲板が平らな構造をしているのが特徴だ。防衛省内では「いずも」の甲板を耐熱処理などしたうえで、垂直着陸が可能なF35Bを新たに導入して搭載する案が検討されている。

・・・・・

小野寺五典防衛相は26日の会見で,F35Bの導入を含めた「いずも」の空母化について「具体的な検討は現在行っていない」と否定したものの,「不断に様々な検討を行っていくことは必要だ」とも語った。

2017年12月27日

朝刊1面




ネットゲーム依存は「病気」 WHO,指定の方針 症状を定義,各国で対策

1月4日朝刊1面

私には,関係ないことだけど,病気といわれるほど,事態は深刻なんだね。



憲法「あるべき姿示す」 首相、改憲原案提示に意欲

安倍晋三首相は4日,三重県伊勢市の伊勢神宮を参拝後に年頭の記者会見に臨み,「今年こそ新しい時代への希望を生み出すような憲法のあるべき姿を国民にしっかりと提示する」と述べた。自民党総裁として党憲法改正原案を早期に国会に提示することに強い意欲を示した形だ。




こうなると,これまでこのブログに何度も書いた伊丹万作(今は亡き十三さんの父上)の言葉を,ここで,また書かないわけにはいかないですね。

伊丹万作のことば


伊丹万作が,太平洋戦争終結の直後の 昭和21年(1946年)に書いた記事には,ドキッとさせられます。詳しいことは,ブログそのものを読んでほしいだけど,要点を書いておきます。


多くの人が,今度の戦争でだまされていたという。

いくらだますものがいても,だれ一人騙されるものがいなかったとしたら,今度のような戦争は成り立たなかったにちがいないのである。

「だまされていた」といつて平気でいられる国民なら,おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや,現在でもすでに別のうそによつてだまされ始めているにちがいないのである
。】





今回はこれまでにします












by yojiarata | 2018-01-13 22:00 | Comments(0)
<< 蒟蒻問答 古典を輪切りにする ... 蒟蒻問答: 古典を輪切りにする... >>