指揮権発動  日本の政治の系譜 その2




戦後最大の疑獄事件・造船疑獄について書きます。この事件と直接かかわりを持ったのが,時の法務大臣 犬養毅,すなわち,犬養道子さんのご尊父です。


以下,ウェッブより引用しますが,現在の 自由民主党 は,当時,自由党 を名乗っていたことを,付け加えておきます。


__________________________________________


造船疑獄(ぞうせんぎごく)とは,第二次世界大戦後の日本における計画造船における利子軽減のための「外航船建造利子補給法」制定請願をめぐる贈収賄事件。1954年1月に強制捜査が開始された。政界・財界・官僚の被疑者多数が逮捕され,当時の吉田茂内閣が倒れる発端となった事件の一つ。

東京地検特捜部による海運,造船業界幹部の逮捕から始まった捜査は政界・官僚におよび,捜査主任検事の河井信太郎による大野伴睦の取り調べからはじまり有田二郎ら国会議員4名の逮捕などを経てさらに発展する気配をみせた。

同年4月20日,検察庁は当時与党 自由党幹事長 だった 佐藤栄作 を収賄容疑により逮捕する方針を決定した。しかし,翌4月21日, 犬養健法務大臣 は重要法案(防衛庁設置法案と自衛隊法案)の審議中を理由に検察庁法第14条による 指揮権を発動 し,佐藤藤佐検事総長に逮捕中止と任意捜査を指示し,直後に法務大臣は辞任した。後任法務大臣の加藤鐐五郎は国会閉会直前の6月9日に「4月21日の法相指示は国会閉会とももに自然消滅する」と佐藤検事総長に通知している。

4月30日には参議院本会議で指揮権発動に関する内閣警告決議が可決された。衆議院は9月6日に証人喚問をおこない,佐藤検事総長は「指揮権発動で捜査に支障が出た」と証言。また,衆議院は吉田を証人喚問議決をするも,吉田は公務多忙や病気を理由に拒否。その後,衆議院は拒否事由が不十分として議院証言法違反で吉田を告発するも,不起訴処分となった。

逮捕者は71人にのぼり,35人が起訴された。疑獄の中心部分に関わったのは23人であり,7人が無罪,12人が執行猶予付の懲役刑,2人が罰金刑を受けた。政治家に賄賂を贈る佐藤栄作と自由党会計責任者は後に政治資金規正法違反で在宅起訴されたが,国連加盟恩赦で免訴となった。


____________________________________________


佐藤 栄作(1901ー1975)
山口県生れ,岸信介は兄。すなわち,現総理・安倍晋三殿の大叔父です。
昭和39年に自民党総裁に就任,以後七年八ヶ月間政権を担当,内閣総理大臣(第61・62・63代)7年8か月の連続在任記録を持つ,日本記録保持者だよ。。

その間,日韓基本条約の締結・日米安保条約自動延長・沖縄返還を実現,非核三原則などの政策によってノーベル平和賞を受賞(受賞理由:非核三原則の提唱)したんだけれど,死後に「核持ち込みの密約」が発覚するんだ。何だか間の抜けた,いい加減の話だね。

造船疑獄で,政治生命の危機に陥ったけど,指揮権発動によって救われたんだ。

だから,現官房長官などの偉い方々も心配無用です。沖縄の諸問題の解決の業績を評価されて,ノーベル平和賞をいただけるかもしれないよ。

ちょっと付け加えておくと,海部 俊樹 かいふ としき (1931年1月2日 ー  内閣総理大臣(第76・77代)在任中,田中角栄首相(当時)のロッキード事件の捜査に当たって,指揮権発動が話題になったそうだよ(海部元総理のTV・インタビューを観ました)。

昔,悪い奴ほどよく眠る という映画があったでしょ。どこかの偉い総裁を演じた,今は亡き 森雅之の演技が印象深かったね。



未完

by yojiarata | 2017-09-28 17:40 | Comments(0)
<< 指揮権発動  日本の政治の系譜... 珍説 永田町怪談 その2 >>