指揮権発動  日本の政治の系譜 その1




ご隠居さん 久しぶりにパソコンで何かゴソゴソ書いておられますね。

新しいパソコンに,すこしずつ慣れてきたからね。新しくなるということは,必ずしも,便利になるわけじゃないということがよくわかったよ。

それで,今日は何が始まるの?

___________________________________


7月25日の朝日新聞(朝刊,34社会面)で犬養道子さんが24日,96歳で死去されたことを知りました。

犬養さんは,五・一五 事件で暗殺された犬養毅・元首相の孫で,犬養健・元法相の長女。大変に由緒ある家系の方です。

いろいろ考えているうちに,昭和史の節目節目に日本が経験した大惨事がつぎつぎに頭を過ったよ。現在の自由民主党・安倍政権の振る舞いを見ていると,これまでの悪夢が再現されているんじゃないかと恐ろしくなってくるんだ。


***



近く総選挙だそうだけど。何故?,今?, と思うでしょう。私の頭にすぐに浮かんだのは,やはり,森友学園,加計学園問題だね。

この点は,我々政治の素人がちょっと考えるより,はるかに大きい重大な問題かもしれないね。ことが重大なら,急いで揉み消さないといけないからね。それには,選挙に持ち込むのが安全だと執行部が考えたんじゃないかね。

菅官房長官や二階幹事長は,無理して平静を保っているように見えるんだけど。気のせいだろうか?

ここから先は,戦後すぐ,日本の政治家連中を震え上がらせた 造船疑獄事件 に頭が切り替わるよ。その時の教訓は,指揮権発動 ですね。内閣のトップは安心すればいいんだ。あの時の,歌舞伎俳優のような風貌の ” 御仁 ” は,逮捕どころか,のちにノーベル平和賞に輝いたんだからね。


それでどうなったの?


マ,そう急がないで,話をゆっくりさせてください。


話を先に進める前に,日本の過去100年を振り返っておきたいんだ。


_____________________________________________


1939年(昭和14年)5月から同年9月にかけて,満州国とモンゴル人民共和国の間の国境線をめぐって発生した日ソ両軍の国境紛争事件 ノモンハン事件 が起きました。日本は関東軍1万5000名を動員したにもかかわらず,8月ソ連空軍・機械化部隊の反撃によって壊滅的打撃を受けたのです。

そのころ歌われたのが 「空の勇士」(作詩 大槻一郎 作曲 藤野今春)

恩賜の煙草を いただいて 
あすは死ぬぞと 決めた夜は 
広野の風も 腥 なまぐさ く 
ぐっと睨んだ 敵空に 
星が瞬 またた く 二つ三つ

・・・・・


国民学校(小学校)の生徒だったけど,この歌は,昨日のことのように覚えているよ。

恩賜とは天皇陛下由来のもの。例えば,大きな業績を挙げた人に,学士院恩賜賞が,天皇陛下から直接手渡されるのを,君も知っているでしょ。

「空の勇士」は,天皇陛下のために,明日はこの命をささげるということを誓っているのです。


だけど,こんな人もいたそうだよ。

二・二六事件で,逮捕,死刑を宣告された 北一輝は,処刑直前,執行官に,死ぬ前に 宮城の方向に向かって ” 天皇陛下万歳 ” の詞とともに拝礼せよと迫られたのに応えて,次のように切り返したそうだよ。

私は,死ぬ前には,冗談を言わないことにしています。

世の中には,いろんな人がいるよね。



***



時代が移り,関東軍の影が次第に色濃くなっていき,1932年,五・一五 事件で,時の総理大臣・犬養毅(号は木堂,犬養道子さんの祖父,1931年首相,1855-1932)が「話せばわかる」の詞を残して,海軍の軍人によって暗殺された。さらに,陸軍軍人による二・二六事件と続き,ここから,日本は,盧溝橋事件など数々の”怪事件” を経て,戦争へ突入していったんだ。

その間,関東軍を牛耳っていた東条英機,岸信介による画策によって,日中戦争が始まり,泥沼化していったことは,君も知っているでしょう。このブログに何度か書いたからね。 もう一点 追加 しておきます。


結局,1945年の太平洋戦争まで,100年の戦争を経て,国民は苦しむことになり,300万人もの命が失われたよ。

太平洋戦争終結後,日本はアメリカの統治下,今に至るも,現在の自由民主党の流れは変わることはなかったよ。1970年代,岸信介が政権を握っていた頃の日米安保条約をめぐる対立を思い出してください。あれだけの大騒ぎの後,何も変わらなかったでしょう。


ここで思い出しておかなきゃいけないのは,上述の造船疑獄事件と指揮権発動 です。

「指揮権発動  日本の政治の系譜 その2」で詳しく書きますので読んでください。


【付録】

 安倍政権 説明責任果たしたか
菅義偉官房長官の記者会見
朝日新聞9月24日 朝刊2面


 社説 森友・加計 どこが「小さな問題」か
朝日新聞2017年9月21日


じっくり読んでいると,官房長官はじめ,内閣の要人連中は,実は相当心配しておられるようだね。つまり,今度の選挙で使う ”言い訳” が,果たして国民の目と耳を欺けるかどうか?








つづく

by yojiarata | 2017-09-28 17:51 | Comments(0)
<< 映画・飢餓海峡 に見る 日本の美学 指揮権発動  日本の政治の系譜... >>