牙を剥く その2  プーチン大統領




四島の)主権の問題はまったく提起されなかった。
ロシアの主権に議論の余地はない。


ロシアのペスコフ大統領報道官は15日夜,日本側が最重要視する領土問題の議論自体が,首脳会談で出なかったかのような説明をした。まず四島をロシア領だと認めるよう求めるロシアの立場を反映した発言とみられる。(朝日新聞朝刊一面,12月17日)


***



プーチン大統領は,3年前に来日した時の記者会見で牙を剥いているよ。あの時も怖かったね。これが,外交のプロの技だと,変に感心したよ。


北方領土の返還問題

その時のありさまをブログに書いておいたから,その場面を想像しながら読んで下さい。

国民が最も期待したのは,北方領土の返還 なのに,ロシアとの商売の話ばかり。しかも,ロシアの法律の下で行うそうだよ。

挙句の果ては,記者会見のロシア側の質問に立った女性記者が,シリアの内戦(ロシアが支持する)を持ち出して,記者会見をはぐらかすんだ。

山口と東京の会談で,本当は何を話したのか知らないけれど,記者会見で,外交のプロのウラディミール・プーチン大統領に対峙し,我が総理は,ニコニコしながら,ウラディミールを連発(10回は言ったと思うよ)しながら,肝心のことは全く言えないんだ。ウラディミールの連発を耳にしながら,滑稽なのと,恥ずかし悲しいの入り混じった,情けない涙の出そうな気分になったよ。


12月17日の新聞にも,不満の記事が目立つね。

国民の大半「がっかり」「日本,振り回された」

与党内でも,

「そうそう甘いもんじゃないと思い知ったことは,一つの参考になるのではないか。経済問題も大事かもしれないが,人間は経済だけで生きているわけではないんだから,もう少し(領土問題に)真摯 しんし に向き合ってもらいたい。やっぱり,国民の皆さんの大半はがっかりしている」。
(自民党,二階俊博幹事長)


何よりも,安倍総理大臣は,国民の心が分からないんですよ。一国のリーダーとして,完全に失格です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



以前に書いたブログも読んでほしいね。

原子力発電の今「民のかまど」の巻


国民学校(小学校)の頃,仁徳天皇(第16代)のことを教わったのをよく覚えているよ。伝説によると,仁徳天皇は,次のように仰ったというんだ。

高き屋に のぼりて見れば 煙 けぶり 立つ 民のかまどは にぎはひにけり

今の首相にこんなことを言っても通じないだろうね。そんな愚にもつかない「伝説」を持ち出して,君,頭おかしいんじゃないの,医者にかかりなさいとバカにされるだけだろうね。頭おかしいのはのは,どっちか聞きたいね。

私は,真実かどうか,言っているんじゃないんだよ。ただ,人の上に立つ者の 心根 を言っているんだ。


***



結びに,私が言いたいことは,ただ一つです。

津波と原発で被害を受けた方々:

とくに仮設住宅で不自由な生活を送っている方々は,みんな泣いていますよ。

総理 あなたの優しく和やかで自信に満ちた顔と言葉を信じて。


北方領土の返還について,怒りと涙に震える人々:



あ~~ 世も末だね。






未完

by yojiarata | 2016-12-17 21:20 | Comments(0)
<< 牙を剥く その1  沖縄の米軍... 創薬・新版(2016) 日本の... >>