横浜ベイスターズ  夢と 希望と 「応援・副団長」




ご隠居さん 今日はなんだかご機嫌のようですね。

プロ野球セントラル・リーグ3位の横浜 DeNA ベイスターズが,2位のジャイアンツを撃破して,クライマックス・シリーズの決定戦に進出したね。

あれも買って,これも買ってと ”オネダリ” して,戦力の補強をしてきたジャイアンツと,”コツコツ” (お金も十分でないせいもあって)若手を育ててきた DeNA の差がここで出たね。

つなぎの投手が全く不十分なジャイアンツに比べて,DeNA は,若手が1,2インニングで,実によい仕事をして,金持ち球団を完璧に抑え込んだよ。


***



私がまだ現役で,研究をしていた頃,(30年近くも前のことになるけど),横浜で開かれた学会に4日間,出席した時のことです。この会には,外国からの出席者も少なくなかったよ。学会が終わった後,いつものことだけど,”日本独自のものとはどうゆうものか” と考えるんだ。


帰りの道すがら,何の脈絡もなく,ある女性歌手の名前が頭を掠めたよ。

嘗て横浜ベイスターズとよばれていた DeNA は来る日も来る日も負け続けていたんだけど,彼女が横浜ベイスターズの私設応援団「横浜ベイスターズを優勝させる会」の応援・副団長を務めていたことを知る人は多くないと思うよ。


***



その人の名は日吉ミミ。


彼女の歌声は一度聴いたら忘れられないよ。

日吉ミミの存在を知ったあと,すぐに入手可能な2枚のLPレコードを購入しました。

1970年の録音とあるから,彼女が23歳の時のものです。それまでの何年か大変な苦労を積み重ねたという。聞けば聞くほど,こんな凄い歌い手がいたのかと驚いたよ。そこには,誰にも真似のできない,純正・日本の歌手 がいたんだ。


地面から湧き出してくるようなダイナミックなパワーのある不思議な声,それは低音から高音にわたる伸びやかな声の抜群の歌唱力,そして時として入るユーモア。

 ベッドで泣いていると,涙が耳に入るよ ・・・  


これだけの要素を兼ね備えている歌い手を私は他に知りませんね。


2010年,NHKの番組に出演した彼女は,声のことを聞かれ,私は普通の声だと思っているとニコニコ 笑っていたよ。63歳の可愛いおば様という感じだったよ。彼女の歌声は,40年前と変わらず,張りがありました。

彼女は,2008年に膵臓がんが見付かり,2009年に大きな手術のあと,それを乗り越えて,新しい企画に,夫君と共に取り組んでいたようだけど,残念なことに,NHK 出演から1年後,若くして他界しました。享年64。



2011年12月に書いたブログの記事をお読みください。

惜別 日吉ミミ





おしまい

by yojiarata | 2016-10-13 17:42 | Comments(0)
<< たそがれ迫る 永田町  安倍政... 戦争と平和 >>