人 と 言葉  永井荷風:断腸亭日乗 を読む  関東大震災のあとさき





ご隠居さん。今日は地震の話ですか? なぜ,突然。

今年になって,もう二度も三度も地震があったでしょう。これまでとは様子が違うんですよ。

違うというと?

何だか,悪意があるというか,大きさはともかくとして,性格が悪いんだ。悪い予感がするんだ。

それで,どうしようというの。

関東大震災が起こる前の様子を知りたくなったんだ。 前のブログ で書いたけど,永井荷風にはルポライターとしての才能があるよ。時間と共に消えて行く個々の出来事を,丹念に書き残した荷風の日記は,その時その時の見事な ”ルポルタージュ” として価値の高いものだと思います。


***



東日本大震災(2011年(平成23年3月11日))の場合でも,それ以前において,日本災害史上最大級の被害であった関東大震災(1923年(大正12年9月1日)の場合でも,徹底的に正確で詳細な公式記録が残されています。だけど,それは硬い無機質のようなもので,生きてはいません。叩いてみても何の応答もありません。

しかし,荷風の日記を読むと,その日,その時間に,町に住む人々がどのように感じたのかが,叫び声や息づかいが手に取るように感じられるんですよ。



***




関東大震災が起こる2年ほど前に遡って,断腸亭日乗から,気になる記述を拾っていきます。


***



大正十年(1921年)



十二月八日

初更入浴中地激しく震ふ。棚の物器顚倒して落ち時計の針停りたり。


十二月十一日


水道水切となる。八日夜地震のため水道浄溜池破壊せし故なりと云ふ。・・・・・ 夜十一時に至るも水猶なし。


十二月十七日

天気暖なり。人々地震を虞る。



大正十一年(1922年)



正月六日

水道凍る こと前日の如し。去年の冬には一度も凍りしことなし。今年の寒気知るべきなり。夕刻地震あり。此日寒の入。


正月廿二日

数年来覚えしことなき寒なり。大正六年の冬大久保に在りしころ屡硯の水凍にたれど,本年の寒さはそれよりも猶甚しきが如し。 ・・・・・ 


二月十七日

昨夜風雨甚しかりしが暁に至りて歇みぬ,午後西北の風吹起り家屋動揺す。晩飯を喫せむとて町に出るに電柱の倒れたる処もあり。近県山くづれあり。鉄道線路の破壊等被害尠からずと云。


二月廿五日

・・・・・ この日 暴暖華氏七十度 に達す。日本の気候年々不順になり行くは如何なる故か。何となく 天変地妖の起るべき前兆 なるが如き心地す。


四月廿九日

昨夜より今朝にかけて地震三四回に及ぶ。 ・・・・


五月十日

曇りて蒸暑し。新演藝合評会に往く。帰路細雨烟の如し。 人皆地震を慮る。


十月五日

朝十時新橋に着す。初めて市中 コレラ病流行 の由を知る。


十二月十五日

曇りて暗き日なり。午後三時頃より燈火を点ず。地震両三回。夜に入り空晴れ星斗森然たり。



大正十二年(1923年)



正月四日

晴れて寒し。新聞紙の報道によれば大正七年以来の礽寒なりと云ふ。顧れば当時大久保の家に在りし時,満庭の霜午に至るも解けず。八手青木の葉は萎れて垂れ下り,蠟梅の花は半開きかけて萎れしことあり。 ・・・・・


正月十日

・・・・・ 寒風凛冽。厨房の水昼の中より凍りたり。


正月十二日

・・・・・ 南風吹つゞきて心地悪しきほどの暖気なり。市中雪解にて泥濘歩むべからず。


正月十七日

厨房の水道管氷結のため破裂す。電話にて水道工事課へ修繕をたのみしに,市中水道の破裂多く人夫間に合わず両三日は如何ともなし難しとの事なり。


正月廿七日

晴れて風寒し。屋上街路の雪倶に未解けず。午後二時頃地震ふ。


六月四日

・・・・・ 昨夜より今朝にかけて地震ふこと五六回なり。



***




この後,九月晦日のその日まで,地震に関する記述は,日記にはありません。ということは,小さいものを含めてからだに感じられる地震は起きてないようですね。


***




九月晦日の記述に移る前に,地震とは関係ないことで,私の興味を引いた部分を書き写しておきます。

三月五日

ラジウムの治療 を試みんがため日本橋高砂町阿部病院に赴く。 ・・・・・


五月一日

痔を患ひ午前谷泉氏の病院に往く。


五月九日

浜町阿部病院に往きラジウム治療の後, ・・・・・


五月廿四日

両三年来神経衰弱症漸次昂進の傾あり。本年に至り読書創作意の如くならず。夜々眠り得ず。大石国手の許に使を遣し薬を求む。


五月廿五日

昨夜大石君調剤の睡眠薬を服用して枕に就きしが更に効験なし。 ・・・・・



荷風が何のために, ラジウム治療 をしたのかは,断腸亭日乗を通読してみても分かりません。荷風の時代に,がん患者にラジウム治療が行われていたことは,医学の歴史書に記載がありますが,それにしても,???


日露戦争に連合艦隊司令長官就任し,日本海海戦でバルチック艦隊を破って国民的英雄となった東郷平八郎のことは,ご存じでしょう。彼は,昭和9年(1934年)5月30日,喉頭がんなどの病のため,満86歳で死去しました。6月5日に国葬で送られたんだけど,英雄・東郷平八郎の死は,ある小学生が書いた「トウゴウゲンスイデモシヌノ?」という文面が新聞に掲載されるほど,大きな反響をよんだそうだよ。


東郷平八郎の治療に,ラジウム治療が用いられたことが記録に残っています。余計なことと思はれるかもしれませんが,断腸亭日乗には,後日談が書いてあります。



【 昭和10年三月十五日

・・・・・ 夜金春新道のキュペルにて,元東郷帥孫女良子家出の顛末を来合せたる電報通信社々員某氏より伝聞す。大畧次のごとし。

東郷良子年十九才なり。本月学習院女子部を卒業せむとする間際に至り二月廿四日出奔し,浅草公園活動館を見歩きて後,花川戸横丁JLといふ喫茶店に女給募集の貼紙あるを見て,其店の住込女給となり,今朝日々新聞に家出の記事出るまで十七日間働きゐたりしなり。 ・・・・・

新聞に写真出るまでは家の者もまた出入する客も誰一人東郷家の娘とは気づかざりしと云ふ。・・・・


[欄外墨書] 東条良子の父は宮内省式部官なり明治四十年頃坪内博士低邸内俳優学校創立の頃俳優志願にて入学を請ひしが博士は其為人を一見し入学を許可せざりし事ありしと云】



こんなことは,終わってしまえば,記録がどこにも残りません。ワイドショーのようなものです。それが記録に残されている。こんなところも,私自身が断腸亭日乗に興味を惹かれる点です。

なお,付け加えれば,19歳の未成年の少女の名前が写真付きで新聞に載るのも,現在とは違いますね。

もう1点付け加えたいことがあります。永井荷風のシリーズを執筆するにあたって断っておきましたが,このブログでは,『新版 断腸亭日乗 第一巻-第七巻 (岩波書店,2001-2002』を用いています。

『摘録 断腸亭日乗』(磯田光一編,岩波書店)では, 東郷 が全て,伏字になっています。



大正13年十一月十六日に,書生の 難波大助 が死刑になったとの記事が載っていますが,ここでも,

[欄外朱書] 難波大助死刑大助ハ社会主義者ニアラズ摂政宮演習ノ時其処ノ旅館ニテ大助ガ許嫁ノ女ヲ枕席ニ侍ラセタルヲ無念ニ思イ復讐ヲ思立チシアリト云フ

の部分が伏字になっています。



摘録の編者・磯田氏によるものか,同氏の死後本書を発刊するにあたっての岩波書店・編集部の方針なのか不明です。原本には記載があるわけですから,この点は断ってほしいものです。  


ともあれ,心配性で,病院通いに終始し,何度も遺書を書こうとした(実際に,断腸亭日乗に残っているのは,一通だけです)荷風のことですから,自分はがんに罹っているのではないかと心配したのかもしれません。単なる想像ですが ・・・・・




つづく

by yojiarata | 2016-02-22 21:30 | Comments(0)
<< 小夜福子 の 小雨の丘  原曲... 人 と 言葉  永井荷風:断腸... >>