ポリウォーター伝説再訪  STAP 細胞に想う   巻のⅢ




ポリウォーターの実像


 

1966年の Faraday Discussions 以来,ポリウォーターに関わっていたBernal が,その生涯の最後に執筆したNature の Correspondence "Anomalous" water は,つぎの文章で終わっています。


There is still no adequate explanation of the phenomenon, and no coherent picture of its properties. One of the greatest difficulties in even accepting the existense of a more stable phase is its apparent absence in nature. Indeed, this is the most persuasive evidence of its inability to grow at ordinary water’s expense, for it has stood the test of billion of years..... If it can grow at the expense of ordinary water, we should already be a completely dead planet.

Yet we are not, and totally unlikely to become so from this source. By all means draw the attention of scientists to the dangers of their work, but make sure it is a real danger before alarming everybody else.



Polywater and Polypollutants は,Bernal のグループが2年半を費やして行った研究調査結果のまとめたものです。この報告は,Bernal が他界した1971年に,Nature に 掲載されました。以下に引用するのは,この論文のアブストラクトです。

Some careful experiments and a close look at the literature of polywater give no reason to believe that any new phenomenon has been discovered. Contamination could account for the observed effects.



*



最終的な詰めは,化学の実験によってもたらされたよ。HO と DO から,それぞれ,ポリウォーターを作って赤外線吸収スペクトルを測定した結果,両者にはまったく差がないことがわかったんだ。つぎの文章は,化学分析の実験結果を記述した論文 (Science, 1971) のうちのひとつからの引用です。


The ESCA spectra of “polywater” show that this anomalous, high-density, viscous, nonvolatile material contains high concentrations of sodium, potassium, sulfate, chloride, nitrate, borates, silicates, and carbon-oxygen compounds with trace amounts of other impurities but very little water.



 「ポリウォーターの異常な性質」は,大量のシリコンが容器の壁から滲みだし,水に混入したことによるというあっけない幕切れが,入念な化学分析によってもたらされた。




***



ポリウォーターは,75編(ソ連),227編 (アメリカ),210編 (その他の国)の論文を残してこの世から消えました。論文数の推移は次の図に示す通りです。
a0181566_16263852.jpg



ポリウォーターの一部始終は,これらの論文のほか,Franks の著書,David Eisenberg が執筆したFranks の著書の書評 A Scientific Gold Rush (Science, 1981) などを通じて辿ることができるよ。
a0181566_16522473.jpg





つづく

by yojiarata | 2015-01-03 21:24
<< ポリウォーター伝説再訪  ST... ポリウォーター伝説再訪  ST... >>