人気ブログランキング | 話題のタグを見る

がん [巻の二]  子宮頸がん と ワクチン



ご隠居さん 今回はどんな話題になるのかな。

***


実際の例として,子宮頸がんをとりあげるけど,前回の説明を念頭に置いて読んでください。とくに,国立がんセンターのウェブ・サイト「がん対策情報センターがん情報サービス」,がん研有明病院のウェブ・サイト 「がんに関する情報」に,人の罹るがんのすべてについて,やさしくまとめてあるから,必要に応じて確認しながら先に進んでください。


子宮頸がん と ヒト・パピローマ・ウィルス HPV


がんの治療には,外科手術,放射線療法,化学療法が用いられます。しかし,がんが進行してしまった場合,少なくとも現在では,化学療法が最後の ” 命綱 ” です。方々に散らばってしまったがん細胞を殲滅するには,相手の居場所を想定して行う外科手術,放射線療法は無力だからです。

現在までに,何種類かの「発がんウィルス」が見付かっています。すべてのがんの 約15% に発がんウィルスが何らかの関係があるとされています。ここでは, ヒト・パピローマ・ウィルス HPV と 子宮頸がんとの関係について話します。

思春期になると,子宮頸部は腺上皮で覆われてきます。性活動が始まると,腺上皮が扁平上皮化生を起こします。子宮頸がんは,元からあった腺上皮と化生によって生じた扁平上皮の境界に発生します。顕微鏡で見ると,子宮頸がんは扁平上皮がんです。性経験の無い女性には子宮頸がんは絶対に発症しません。例えば,尼僧院の尼さんの場合です。ただし,ごく稀で腺がんが発生することがあるとも言われています。

HPVと子宮頸がんの関連については,がん研有明病院のウェブ・ページに,次のように書かれています。

【子宮頸がんの要因はヒューマン・パピローマ・ウイルス(human papilloma virus,HPV)の感染であり,子宮頸がんの患者の 90% 以上から HPV が検出されている。とくに,低年齢での性的交渉,不特定多数の男性との性的交渉などと子宮頸がんの発症は深く関連している。ほかに,喫煙も確立した要因とされている。 …… 】


このウェブ・ページの“いささか歯切れの悪い記述”からも読み取れるように,HPVの感染が子宮頸がんの直接の原因であるという確実な実験的証拠は無いのではないでしょうか。可哀相ですが,ラット,マウスなど実験動物では検証が可能ですが,当然のことながら,ヒトではそういう実験はできません。

がんの基礎研究には,通常,ラット,マウスなどを用いる動物実験が行われます。しかし,少なくともがんの発症に関しては,ラット,マウスなどを用いた動物実験の結果は,ヒトの場合とは非常に異なる結果になることが少なくありません。


ヒト・パピローマ・ウィルス HPV の発見


HPV を発見したドイツ・がん研究センターのハウゼン博士 (H.Z.Hausen, 1936- ) には,2008年ノーベル生理学・医学賞が贈られました。しかし,これで子宮頸がんに関する全ての問題が解決したとは,私には思えません。

さらに付け加えておきたいことがあります。それは,HPV には,実際には極めて多くの種類があります。ある種類のHPV は,発がんに密接に関係しているかもしれないし,また別の種類のHPV は発がんとの関連が薄いかもしれないといわれています。


子宮頸がん と ワクチン


HPVの存在を念頭において,思春期を迎える女性のために,ワクチンの開発が進んでいます。平成20年12月9日の朝日新聞・朝刊に,“ウィルス検査勧めず”と題して,次の記事が掲載されています。

【がん検診に関する厚生労働省の研究班は8日,子宮頸がんを起こすウィルス(HPV)の検査について「死亡率を下げるという証拠が不十分」とし,住民健診に含めることは「勧めない」とする指針案を公表した。欧米の指針などとは異なっており,議論を呼びそうだ。

・・・・・

これに対し,指針案が公表された8日の会議では,異論が続出。日本産婦人科医会の鈴木光明・常務理事は「頸がんは他の部位と異なり,がんになる前(前がん状態を指す,筆者註)に見つけられる。早期で治療すれば子宮の摘出をしなくてすみ,生活の質が確実に上がる」と指摘している。】


この議論はすぐには収まらないと思います。子宮頸がんを発症した90% 以上の患者の扁平上皮細胞にHPVが検出されることは確かです。また,HPVの複製 は扁平上皮細胞においてのみ可能です。しかし,HPVは非腫瘍性の子宮頸部組織からも検出されるのです。また,明らかに著量のHPV に感染している女性のごく少数にしか子宮頸がんは発症しません。HPV の一過性の感染だけでは子宮頸がん発症には不十分で,HPVの反復感染に加えて,喫煙,経口避妊薬の使用などが関連しているのではないでしょうか。

このように考えてくると,事態はそう簡単ではないようです。子宮頸がんは,本来なら腺上皮のある場所から発生する扁平上皮がんです。腺上皮が何らかの事情によって扁平上皮下生を起こし,そこから扁平上皮がんが発生するのかもしれません。あるいは,腺上皮から発生したがん細胞が扁平上皮化生を伴い,その結果として,扁平上皮がんとして姿を現すという可能性もあります。

“卵が先か,ニワトリが先か”の問題のようでもあります。いずれにしても,HIV 感染にまつわる何らかの原因が子宮頸がんと関係していることは間違いないようですが,性行為 ⇒ HPVの感染 ⇒ 扁平上皮化生がとどのようにつながっているのか,何が原因で,何が結果なのかは,現在のところさっぱりわからないとかいいようがないと思います。


子宮頸がんワクチン 接種後の 異常訴え 


子宮頸がんワクチンについては,最近になって,大きな社会問題になっています。たとえば,2013年10月29日の記事によると,

【子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に痛みやしびれなどを訴える人が出ている問題で,厚生労働省は28日,こうした訴えが今年4~7月の4カ月で,291件報告されていると公表した。このうち,けいれんや歩行障害など重症とされたケースが143件。だが、接種との因果関係が分かっていない事例も多く含まれている。

この日,開かれた厚労省検討会で明らかにした。接種者数に対する報告の割合は0・014~0・125%。1~3月に報告されていた割合(0・002~0・015%)と比べて増えた。

ただし,同省が接種の推奨を一時中止することを決めた6月以降の報告が増えており,こうした報道などが影響している可能性もあるとみられる。

報告はグラクソ・スミスクライン製造のワクチンでは医療機関から106件,製造販売会社から60件,MSD製造のワクチンは医療機関から102件,製造販売会社から23件。

検討会は12月,こうした報告に加え,痛みの原因,頻度などを詳しく評価する。同省はこれを踏まえ,接種の推奨を再開するかどうかは年内にも判断する方針という。】


ワクチン の 逆噴射 


ワクチンによる人体の異変は,今に始まったことではありません。私が子供の頃,仲のよかった近所のワカちゃんという子が,ワクチン接種後ショック死して悲しい思いをしたことをぼんやり記憶しています。何のワクチンか忘れましたけれど。

子宮頸がんのワクチンだって,何を抗原にしているのか知りませんが,私は,雑菌と共にいる複数種類のヒト・パピローマ・ウィルスを相手にするよりは,お風呂にでも入って,体を清潔にする方が,絶対に安全だと思います。ともあれ,子宮頸がんワクチンは止した方がいいんじゃないでしょうか。

ネットで見ると,記事がたくさん載っているよ。身近なところでは,朝日新聞(12月15日の東京版 29ページ)に,

ワクチン接種 ・・・ 痛み失神

「子宮頸がん予防」 広がる被害相談

体中に激痛 ・ 車椅子で生活 ・ 高校生活を断念



など,恐ろしいことが詳しく書いてあるよ。


さっき書いたように,私のアドバイス 「お風呂に入って,体を清潔にする」 の意味をじっくり考えてほしいんだ。




つづく

by yojiarata | 2013-12-08 23:31
<< がん [巻の一]  癌 と が... がん [巻の三]  一度生をう... >>