人気ブログランキング | 話題のタグを見る

モロッコ の 砂漠 を 行く



ご隠居さん どうかしたの 元気がないけど

***


いよいよ,安倍独裁政権が,牙を剥いて暴れだしたよ。

テレビや新聞で報道されているでしょ。特定秘密保護法案が26日夜(つい先),衆院本会議で採決が行われ,自民,公明両党の与党とみんなの党の賛成多数で可決,参院に送付されたよ。こんな大事なことが,あっという間に決まってしまったね。

衆議院,参議院ともに過半数,強引に事を運べば何でも通る,NHKの経営委員会も自分のものにしたから,これからは遣り放題だよ。

君,これでも元気が出るかい。


*



突然,思い出したことがあるんだ。それは,学生の頃に観た古い映画 『 モロッコ 』 のラストシーン。

監督 ジョセフ・フォン・スタンバーグ

出演 マレーネ・ディートリッヒ,ゲイリー・クーパー

製作会社,配給 パラマウント映画

日本公開 1931年2月25日


遊び人の伊達男(ゲイリー・クーパー )と酒場の女(マレーネ・ディートリッヒ)の恋物語なんだけど,最後に,ゲイリー・クーパーが,勝手に「外人部隊」に加わって,砂漠を進む。「外人部隊」は,砂漠を行軍するための十分な準備を整えている。そのあとをマレーネ・ディートリッヒが何かを叫びながら,走って追いかける。靴を脱いで,脱いだ靴を手に持って,裸足でね。熱暑の砂漠だよ。そこで,映画は突然終わるんだ。この印象的なラストは忘れがたいよ。

何でこんなことを思い出したのかって? 散々好き勝手なことをして,外人部隊の一員として意気揚々と砂漠を進軍するゲイリー・クーパーと「現政権」のボスが,私の頭の中で重なったんだろうね。一途な思いで,なすすべもなく外人部隊を追いかけていく「大多数の日本国民」を,つらい思いで連想したんだろうね。


何度も言うけれど,怖い世の中になってきたね ・・・・・



未完

by yojiarata | 2013-11-26 22:15
<< デモとテロ まだ 最高裁が あるんだ >>