人気ブログランキング | 話題のタグを見る

徒然なるまゝに  大見得を切った人の巻



今日もまた,ヘンテコリンな題だね。大見得をきったのは誰で,そのあと,どうなったの。


***


9月14日の朝刊の関係がありそうなところを切り抜いて,私のコメントを付けて書くから読んでちょうだい。

*


最近の大見得といえば,あの方に決まっているじゃないの。オリンピックのプレゼンテーションで,原発の事故は,” 完全にコントロールされている ” と大見得を切ったでしょう。官僚の作った英語の演説を必死に覚えて,やってたの,見たでしょう。

その後の質問には,日本語で答えるしかなかったんだ。わかるでしょ。英語がまともにしゃべれない上に,日本の国会と違って,質問を予め知ることができないからね。頭のいい官僚が質問を予想して書いたメモをもとにして,定量的な数字をあげて,朗々とやっておられましたよ。日本語でね。

それによると,

1) 原発事故は完全にコントロールされている。

2) 放射能は,東京に滲みだしてくることなど,絶対にない。


ところが,その直後,東電の山下和彦フェロー (技術顧問)が「今の状態はコントロールできていないと考える」と発言したんだ。

その後も汚染水の海洋流出が相次いで発覚しており,本当に制御できているかどうかで迷走しているよ。

これに対し,菅義偉官房長官は早速,13日午後の記者会見で

【放射性物質の影響は発電所の港湾内にとどまっている。汚染水の影響が外洋に及ばないようにしていくことで,首相は『コントロールされている』と発言した】

と強調したうえで,東電側の説明には,

【貯水タンクからの汚染水漏洩など,個々の事象は発生しているという認識だ】

と述べ,

【全体状況についての見解ではない】

と仰ったんだ。

官房長官殿が何を言っているか,私には皆目見当がつきません。君,理解できるかい。いかにも政治家得意の忍法神隠しだね。

このあと,慌てた東電側の発言が相次ぐんだけど,時すでに遅しという感じだね。

総理大臣は IOC 総会で,全理事を前にして,「抜本解決に向けたプログラムを私の責任で実行していく」と,闘いの前のゴリラのように胸を叩いて,国の責任で汚染水問題を解決すると大見得を切ったんだ。

しかし,東電が首相を同じ「コントロール」という言葉で否定的な見解を示したことで,国と東電が一体になっていない現状も露呈してしまった。首相が海外に発したメッセージの信頼性が揺らぐ可能性もあるよ。

通商産業省によると,1-4号機の海側では,今も1日300トンが海に流れ出ている。これは,もう絶望的だね。国際的な大問題だよ。

彼の人は,国を挙げて立ち向かっている様を視察するため,また福島に行くそうだよ。行ったって,今までと何も変わらないよ。国が準備して,都合のいいところだけをみせるんだからね。なにせ,ご本人は,” 原発のげの字” も理解できないんだからどうしようもありませんね。

日本の国際的立場がなくなる絶望的な状況だよ。悲しくて,情けなくて,腹の立つよ。

一つ付け加えると,やくみつるが,「IOC の理事会で大見得切った迫力を,何故,日本国民にこれまでみせなかったんだ」といっていたよ。まさに正論だね。



ひとまずおわり

by yojiarata | 2013-09-15 21:15
<< 徒然なるまゝに  秘密漏洩の巻 徒然なるまゝに  ハンサムな女性の巻 >>