人気ブログランキング | 話題のタグを見る

夢去りぬ



やはり夢だった。

中日―巨人のクライマックスシリーズが終わった。

この勝負,落合・前監督を含めて,大方の評論家は,中日が勝つことなどありえないと公言されていた。

ところがいざ始まってみると,優勝チームに与えられるアドバンテージの1勝をもっている余裕の巨人を,中日は3勝1敗と追い詰めた。 ”もしかして” と思った人は,筆者を含めて少なからずいたと思う。

しかし,ここから3連敗。中日の “もしかして” が現実のものになることはなかった。

ベンチの高木監督は,変わらぬ表情で最初から最後まで静かに座っていた。今にして思うと,彼はベンチで夢を見ていたのではなかろうか。

最終戦,先発は伊藤だった。仮に大野だったらどうだったのだろうか。事実,大野はゲーム最終盤に登板して好投した。しかし,スポーツを含めて,歴史に ”もしか” はない。

ともあれ,”大方の予想通り”,夢は夢に終わった。
by yojiarata | 2012-10-23 16:30
<< メタンハイドレートの200年 背中の志ん生 >>