英語の自然な響きを求めて ③ 原稿を読まない


「英語の自然な響きを求めて」の第三弾です。ここに書くことが,このシリーズのなかで私が最も重要,かつ強調したい点です。




英語で講演するとなると,特に経験の浅い学生は,緊張するよね。

その際,先輩たちは,助言をするのが義務であるかのように,あーでもない,こうでもないと,熱心に助言したがるよ。

これがよい場合と,そうでないことがあるんですよ。



こんな人を知っています。

(英語の)講演にあたって,その一部始終を漏らさず書いて印刷し,記憶し,それを再現する。再現にあたっては,何も持たずに,喋っているようにみせる。

このように,なにも見ないで講演することを自慢にする人もいました。さらにまずいことに,これぞ英語講演の王道であると,例えば,自分が指導している学生に押し付ける先生がおられます。

自慢話としては結構ですが,講演のリズムがなく,まるで,小学生が自分の作文を読んでいるようで,むしろ滑稽ですね。



私なら,原稿を書いて覚えたりしません。秀才なら,それができるかもしれませんが,私は,幸運にもそうではありませんから。

まず,頭の中で,話すべき講演の内容を,ストーリーとして反芻し(これなら,寝床の中でもできます),消化し,ストーリーが完成した時点で準備OK,講演に臨みます。

その際,次の点は,忘れないようにします。

講演の中で,強調すべきキーワードは,ハガキ大の紙に,大きな字で書いて登壇する。キーワードは,3個から5個。

母国でない英語で講演するのです。極論すれば,どんな ” ブロークン ” でもよいのです。キーワードが伝われば,貴殿の熱意が伝わるのです。そのうえで,回を重ねるうちに,知らず知らずのうちに英語そのものも改善されます。

王道はありません。努力あるのみです。ラジオでは,中学生,高校生のための英会話番組が放送されいますから,毎日欠かさず,生活のリズムとして聞いてください。

自分の英語の講演を録音して,聞いてみてください。自分が伝えたい内容が,日本語にしてみて,自分が納得できるなら,講演は成功です。


***

余談です。

日本語で講演するとき,原稿を丸ごと読んでいるひとをみかけることは滅多にありません。

それを見たければ,国会を傍聴してください。論戦 と称して,総理大臣と野党の議員が遣り合っています。不思議なことに,総理大臣は,紙に印刷した文章を読んでいます。つまり,彼氏は,予め質問を入手し,(察するに有能な官僚が書いた)答えを読んでいるのです。すべての場合,このように事が運ばれます。わが日本国の国会で公式に認められた慣例のようです。下世話では,こうゆうのを ”八百長” というんではないでしょうか。






英語の自然な響きを求めて ① ② ③ は,ここで,ひとまずおわりにします。
後日,観点を変えて,書くつもりです




























# by yojiarata | 2017-12-12 14:15 | Comments(0)

英語の自然な響きを求めて ② 子音 L, N, R の響き


英語の発音に関する私の考えを,引き続き述べます。

この記事は,先日書いた「英語の自然な響きを求めて ① 子音 が二つ並んだ場合」の続きですが,そもそも,このような記事を書き始めたのには,わけがあります。

大学に入ってすぐの頃と記憶しています。つまり60年以上前,研究社が発行していた「時事英語研究」を熱心に読んでいました。中でも,興味深い記事が,英語の自然な響きについて書かれた記事でした。記事を書かれた先生のお名前も,記憶していますが,何しろ60年以上も前のことなので,間違えると失礼になりますので,ここでは,書かないことにします。

ともかくも,この記事が,私の英語修業60年の長旅の原動力の一つだったことは,間違いありません。

ただし,ここで私がこのブログで書いていることが,「時事英語研究」に掲載されているわけではありません。ブログの記事は,この記事に触発された私自身の経験に基づくものです。


今回は,L, N, R について,私の個人的な考えを書きます。もちろん,こうでなければならないということを押し付けるものでないことは言うまでもありません。

________________________________


英語の発音については,多くの著書が発刊されています。口の中の図を描いて,舌をどこにつけて音を出すのが正しいなど,詳細に説明があり,これこそが英語らしい発声の道であるなどと書いてあります。

私はこのやり方に,まったく同意できません。こんなことをいちいち気にしていては,英語の流れが,自然にいかなくなってしまうではありませんか。



そこで私のやり方を述べます。


1)まず R

口を,軽く,自然に,閉じてください。

そのままの状態で,どこも動かさないで,レディー といってください。

英語のREADY (あるいは,それに非常に近い)になっているはずです。


2)続いて N 

どこも,なにも,動かさないで,ネクタイ といってください。

この状態で,口の中で,舌の位置は,上の歯の裏側に接触しているはずです。


3)お終いに L

L の ル は,舌の位置が,まさに,2)の位置になった時に出てくる音です。

エに続いて,N を発音した時の舌の位置のままにして,エルといってください。

英語の L の音になっているはずです。



 何だか変だというような,疑わしいなというような顔つきですね。

ゴチャゴチャ言わないで,一度試してみてほしいですね。その結果を,可とするか否とするかは,そちらで決めてください。





未完






# by yojiarata | 2017-12-05 22:50 | Comments(0)

東京キッド と パロアルトタイムス


 ご隠居さん

このところ,ヘンテコな題の話がつづくけど,大丈夫?

大丈夫だよ。もしかして,君は超後期高齢者の私の頭の中を心配してくれているの。

 *?*

有難う,そのことなら心配はいらないよ。

どこも悪くないからね。

 ???

_______________________________


美空ひばりが吹き込んだ「東京キッド」を,君は覚えているでしょう。

 歌も楽しや 東京キッド

いきでおしゃれで ほがらかで

・・・・・

藤浦洸(作詞) 万城目正(作曲)(1950年)


 覚えてますよ。極めて鮮明に。だけど,なぜ,「東京キッド」?


話せば長いんだけど,かいつまんで言います。

この間テレビを観ていたら,「東京キッド」を唄う美空ひばりが映っていたんだ。そしたら,急に,50年前のパロアルトが,頭の中を,駆け巡ったよ。

私が一家と共に住んでいたのは,すぐ隣りのスタンフォード大学医学部で仕事をするためです。

いまでは,シリコンバレーと背中合わせで,私のような財力の人間の住めるところではないけど,とにかく,50年前には住んでいたんだよ。

そのとき購読していたのが パロアルトタイムス(名前は記憶不確か),

わたしが突然思い出したのは,パロアルトタイムスに載っていたある日の記事:

曰く

子供のことを,キッド(キッズ)とよぶのをやめよう!

この記事が,周りにどれほど影響を及ぼしたかわかりません。だけど,いまでは,どこでも,誰でも,キッド(キッズ)を使っています。


___________________________________________


話はこれで終わりはないんだ。

私は,英語マニアで,いろいろなものを集めています。

その一つが,イギリスが世界に誇る

Oxford English Dictionary(OED)

ハードカバーでは,全12巻(プラス改訂部分付き),床が抜けるので,CD ROM 版を購入して,このパソコンにインストールして使っています。

引いてみると,流石 OED,次のような記載があります。

5. slang. a. A child, esp. a young child. (Originally lowslang, but by the 19th c. frequent in familiar speech.)

[1599 Massinger, etc. Old Law iii. ii, Iam old, you say, Yes, parlous old, kids, an you mark me well!] 1690 D'Urfey Collin's Walk iv. 183 At her Back a Kid thatcry'd, Still as she pinch'd it, fast was ty'd. 1719 Pills (1872) II.193 Send your kid home to me, I will take care on 't. 1841Ld. Shaftesbury Jrnl. 16 Aug. in Life (1886) I. ix. 347 Passed a few days happily with my wife and kids. 1861 Morris in Mackail Life(1899) i. 161 Janey and kid are both very well. 1894 Mrs. E.Lynn Linton One too Many I. vi. 132 The mother cannot live, and the poor little kid must have gone to the workhouse.
(赤字は筆者による)


1599年には,もう使われているんだね。

このように,OED にも,古くは,上品な言葉ではなかったけれど,19世紀に入ると,どこでも使われるようになり,現在至っているという記載があります。



おしまい







# by yojiarata | 2017-11-30 22:28 | Comments(0)

英語の自然な響きを求めて ① 子音が二つ並んだ場合



ご隠居さん。ヘンテコな題だけど, 一体何をはじめるつもりですか?

私は,自分なりに,大学に入学した頃から英語の勉強を続けてきました。かれこれ60年以上になるよ。

その間,失敗したり,恥をかいたり,いろいろあったけど,ずいぶん勉強もしました。

その時々に経験したことを書いておこうと思っているんだ。英語の勉強をしている人に,役に立つことがあるかもしれないと思ってね。

今回は,その1回目です。大事な話だから,じっくり読んでほしいよ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ヘプバーン

アメリカの映画女優。ベルギー生れ。「ローマの休日」で主演,ショート‐ヘアを流行させ,世界的人気女優となる。ほかに「麗しのサブリナ」「昼下りの情事」などに出演。


 ヘボン‐しき‐ローマじ【ヘボン式ローマ字】

日本語をローマ字で表す綴り方の一つ。1885年羅馬字会が提唱し,ヘボンが「和英語林集成」第3版に採用した方式。


ヘップバーンとヘボンは,

Audrey
Hepburn

James Curtis Hepburn

ご覧の通り,姓 の 綴りが同じなんだよ!

それなのに,全く違った人物のように発音されるのは,なぜなんだろう?

日本人は,子音が二つ並んだ時の発音 が,苦手なんだよ。つまり,

Hepburn ➡ Hep u burn

のように,子音と子音のあいだに,母音が入ってしまうんだ。

エドイン・ライシャワー(前 駐日アメリカ大使)が,ひどいことを書いているよ。

日本人にサルトル(Jean-Paul Sartre)

を発音させてみるがいい。

Sa-ru-to-ru

となるよ。まるで,モンスターの発音のようだ。

Edwin O. Reischauer: The meaning of internationalization, Seibido (1990)


何しろ,トランプ大統領ではないけれど,アメリカは何でも一番だからね。
 
この話を
ザメンホフ が聴いたとすると,何と仰るだろうか。


参考までに書いておきます。次の URL

Merriam-Webster Online


に飛んで Hepburn, Sartre
と入力してみてください。”本物の英語の発音“ を聴くことができるよ。








つづく






<br>


# by yojiarata | 2017-11-25 21:18 | Comments(0)

リハビリ教室 と エスペラント


ご隠居さん 今日の話題は何でしょうか。


前に何度か書いたけど,小生,週に2回,高齢者のためのリハビリ教室で体操などで体の筋肉などをほぐしています。

何年か前,ここに通い始めてすぐに気が付いたんだけど,こちらのビルの前を走っている早稲田通りのちょうど反対側に,懐かしいものを見たんだ。

君は,エスペラント のことをご存じ?

ご存じない。そうでしょうね。関心をもつ日本人は,1万人に1人もいないのではないでしょうか。

しかし,私にとっては,忘れようとしても忘れられない60年近くも前の出来事につながるんだよ。

エスペラントは,どこの国の人でも理解できる世界の共通語エスペラントを作ってその普及を夢見たポーランドのザメンホフの大変な労作です。ポーランドは,コペルニクス,カント,ショパン,キュリー夫人,ローザ・ルクセンブルグなど偉大な業績を残した人々を輩出しているよね。

言語学者であり,眼科医でもあったザメンホフ(1859-1917)は,ロシア帝政下のポーランドのユダヤ人居住区に生まれました。民族差別の最中に成長し,15歳の時に,のちにエスペラントとよばれることになる“国際語”の創造へと目をむけていたと言い伝えられているいるんだ。

詳しいことは,このブログに書いた記事
「円滑なコミュニケーションのために 第5話」

円滑なコミュニケーションのために 第1話-第5話
2012年1月25日


ザメンホフの夢 
2013年6月8日


日本エスペラント会館が,目の真ん前にあったんだよ。リハビリ体操をすっかり忘れて大興奮だったよ。

ウェブによると,

 創立者 小坂狷二

 団体種類 一般財団法人

 創立 1926年7月2日

 所在地 東京都新宿区早稲田町12-3


せっかくの機会だから,リハビリ教室の窓越しの撮った写真を載せておきます。


君にとっては,どうでもいいことかもしれないけど,人にはそれぞれ ”わが青春 ”の思い出というものがあるでしょう。

不肖・荒田洋治にとっては,エスペラントこそ,その一つなんだよ。

私の父親は,エスペラントに夢中になり,毎週1回,学生など10数人を集めて会をやっていたよ。始めから終わりまで,延々2-3時間,エスペラントだけでね。

ついには,エスペラント協会の岡山支部長に収まって悦に入っていたよ。

父は,医者を生業としていたから,ドイツ語は得意だっただけど,英語はむろんのこと,いくつかの言語にも興味を持っていたんだ。それを見ていて,私自身も,語学,特に英語の勉強に熱を入れることになったんだ。

私がこんなことを書いているのは,何事も,夢中になって,長年粘り強く続けることがなければ,物事は成就しないということだね。

最近はやりの英語だってそうです。

興味があれば,ザメンホフの夢をじっくり読んでください。




____________________________________________________________________________



a0181566_23491456.jpg


a0181566_00054724.jpg





おしまいです







# by yojiarata | 2017-11-11 22:20 | Comments(1)

ブログ瓦版 1704




宴のあと



安倍晋三首相による 奇襲作戦 は図に当たった。4年前,安倍氏に原発「即ゼロ」を迫った小泉純一郎元首相の言葉を思い出す。「首相の権力は強い。ピンチをチャンスに変える権力を首相は持っている」。安倍氏は今回,政治上の師の教えにつまみ食い的に従った。大義の怪しい強引な解散劇だったが,結果的にピンチをチャンスに変えたことは確かだ。

10月24日 朝日新聞 朝刊 1面 「座標軸」冒頭部分

(ゴチ,着色は筆者による)



9月28日に小生が掲載したブログ に注目! とくに,次の部分。

【 近く総選挙だそうだけど。何故?,今?, と思うでしょう。私の頭にすぐに浮かんだのは,やはり,森友学園,加計学園問題だね。】






読み切り











# by yojiarata | 2017-10-25 20:25 | Comments(0)

ブログ瓦版 1703(号外)




勝海舟,伊丹万作,永井荷風 かく語れり




指揮権発動  日本の政治の系譜 その1




指揮権発動  日本の政治の系譜 その2








読み切り

# by yojiarata | 2017-10-21 09:43 | Comments(0)