<   2016年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

小夜福子 の 小雨の丘  原曲 と カバー曲 の 数々




ご隠居さん。しばらくお姿をお見掛けしませんでしたね。体の調子でも悪いの。

良いわけないでしょう。なにしろ,この歳になると病気のデパートだからね。

少なくとも,物理学的には絶好調とは言えませんね。足腰が大破し,歩行が困難。いろいろな会があると,先輩,友人に会うのが楽しみで,出かけて行っては皆さんに迷惑をかけて申し訳なく思っています。

だけど,足腰を別にすると,頭の方は,今のところ普通です。しばらく書かなかったのは,特に書くことがなかっただけです。新聞を見ると,不愉快な顔が出てきて, 自分の任期中に憲法を改正する なんて,間の抜けたことをしゃべっているし。

不愉快ではないことを書こうとして,題材を頭の中で選んでいただけです。


***



こんな時,何故か,サトウハチローのことをよく思い出します。

何故ですか。

ハチローさんのファンだからです。


詩人,作詞家の サトウハチロー が遺した作品を聴いていると,何故か爽やかな気分になるんだ。

まず何と言っても,リンゴの唄だね。

戦争終結直後,私は中学に入ったばかりでした。ハチローさんが詩を書いた りんごの唄(作曲,万城目 正,1946年,並木路子) ほど,空襲で焼け野原となって茫然自失の日本人の心に沁み込んでいってものはないよ。みんな勇気づけられ,気持ちが穏やかになりました。その意味では,ハチローさんは,日本の戦後復興の最高殊勲選手です。



***



ところで,ご隠居さんの今回のブログの題名にあるカバーというのはどういう意味ですか。

少なくとも私が子供の頃はこの言葉は使われてはいなかったね。見当はつくけど,念のために辞書を引いてみると,


すでに発表されている楽曲を,別の演奏者が演奏すること。
[広辞苑第六版]


とあります。



前のブログ で書いたけど,ハチローさんといえば,作曲家の服部良一と組んで作った歌はとくに素晴らしいよ。なかでも,私が心を惹かれるのは, 小雨の丘 です。


1940年(昭和15年)に,当時の宝塚のトップスター・小夜 さよ 福子さんによって吹き込まれた絶品です。SP盤からの音声の復元は見事です。写真もきれいに再現されています。


この曲はその後,大勢の歌手によってカバーされていますが,私に言わせれば,80年近くも前に吹き込まれた小夜福子さんの作品を凌ぐものは絶無です。



***




そのつもりで新聞のテレビ欄を見ると,ちょうどこのブログを書いている日の11時15分に,NHKBSプレミアムで,[The Covers] なる ”ヘンテコリンな名前” の番組が放送されるというんだ。念のために,聴いてみました。

それで,どんな感想を持ったのでしょうか?

ひどいね。

どこが,どのように?

まず歌い手がね。司会者は,素晴らしいと絶賛していたけど,NHKのど自慢の出演者の方がよっぽどましだね。御自身の持ち歌(あるのかな?)はどんな感じなんだろうね。聴いたことがないから,分かりません。想像はつくけどね。

ところで 最近 晴れある芥川賞,直木賞 などに輝く作品は,素人丸出しの愚作が多いね。なよなよした男女関係とか ・・・。人様に見せるつもりなら,もっと修行を積んでから,作品を発表してほしいね。

マ,出版社も商売だからね。しょうがないか。

それに審査員の先生方も目を覆うばかりの新聞小説を書きまくっているからね。



***



いろいろ書いてきたけど,昭和期の歌謡曲をカバーして後に残すことは,大変に意義深いと思います。実際には,カバーする曲の多さ,歌い手の実力が物を言うね。

その意味では,圧倒的な歌唱力を持つ天童よしみさんが30年近く前,10年の歳月をかけて制作された【昭和演歌名曲選】ですね。


天童節 昭和演歌名曲選 第一集 TEICHIKU TECA-28176
1990年11月21日

に始まって,


a0181566_14345673.jpg




天童節 昭和演歌名曲選 第二十集 TEICHIKU TECA-28840
1999年12月16日

まで,300曲余り,圧倒されますよ。聴いてみてください。これぞ,プロの仕事です。






by yojiarata | 2016-03-28 22:09 | Comments(0)