<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

たそがれ迫る 庭の隅



ご隠居さん また爆発ですか。

***


総理大臣の暴走に,凄味が出てきたからね。目が据わってきたよ。私の長年の友人も同じような感想をもっていて,彼の人が国会などで発言しているときは,音を消して,目を見ているんだそうだ。君は何も気が付かないかい。

たそがれ迫る 庭の隅

『濹東綺譚』 (永井荷風 ) の中の文章の断片をふと思い出したんだ。” たそがれ迫る” という言葉の雰囲気が,何となく,現状の気持ちの悪さを代弁しているような気がしてね。今日の話と 『濹東綺譚』は,とくに関係はないんだけど。

つい先日,このブログに書いたばかりだけど,この一週間の新聞新聞を読むと,黙っていられないよ。

私がとくに重要と考える部分を,青色にしました。

*



武器原則禁輸を転換

政府素案,「紛争国へ禁止」削除 テロ支援国は認めず

2014年2月23日(一面)

安倍内閣は武器輸出三原則に代わる新たな武器輸出管理原則の素案を与党に示した。これまでは原則,武器輸出を禁止してきた方針を撤廃。三原則のうち「共産圏」と「国際紛争の当事国」への輸出を認めない項目を削除する。そのうえで,「新三原則」を設け,テロ支援国や国際条約の違反国に輸出しない仕組みを作る。ただ公明党には慎重論が根強く,与党内の調整が難航する可能性もある。
 

武器輸出三原則は1967年に策定され,三木内閣が76年,原則輸出禁止を決めた。ただ,個別に官房長官談話を出し,「例外」を認めてきた。今回の素案はこの輸出禁止の方針を撤廃し,新原則に反しないものは輸出できるようにする内容。安倍内閣は与党内で合意を得た上で,閣議決定する意向だ。実現すれば戦後の安全保障政策を大きく変えるものとなる。

従来の三原則のうち, 「国際紛争の当事国」の項目を削除したのは,安倍内閣が昨年3月に三原則の例外として認めた次期主力戦闘機F35の部品のイスラエルへの輸出を念頭に置いたものだ。「共産圏」は冷戦時代に設けられた条項で,役割を終えたと判断した。

そのうえで素案では,新原則を (1) 国際的な平和及び安全の維持を妨げることが明らかな場合は輸出しない (2)輸出を認める場合の限定と厳しい審査 (3)目的外使用や第三国移転について,適正な管理が確保される場合に限定 ― とした。

新原則の一つ目の柱となる「輸出しない対象国」には,従来の三原則にある「国連決議による武器禁輸国」を含む。対人地雷禁止条約やクラスター爆弾禁止条約などの国際条約に違反する国も盛り込む。

二つ目の柱で「輸出を認める場合」として想定するのは,これまで例外として認めてきたミサイルや戦闘機などの国際共同開発や,自衛隊が国連平和維持活動(PKO)で使用した重機などの提供だ。昨年に国連南スーダン派遣団(UNMISS)を通じて韓国軍へ銃弾を提供したような事例も想定し,国連など国際機関への輸出も認める。また,海外の米軍基地所属の航空機などの補修業務を日本企業が請け負うことも可能にする。

そのうえで,個別の輸出が「我が国の安全保障に資する」かどうかを,貿易を管理する経済産業省で審査し,国家安全保障会議(NSC)の9大臣会合で決める仕組みを設け,テロ支援国などへの輸出を防ぐ。

三つ目の柱として,輸出した武器が目的外使用されたり,別の第三国に移転されたりしないために,原則として相手国から事前に同意を得る。

ただ,武器輸出を原則禁止した従来の方針を撤廃すれば,輸出に歯止めがかからなくなる恐れがある。これまで例外を設けるたびに個別の輸出内容を公表していたが,新制度ではどう公表されるかも不透明だ。



集団的自衛権 行使に5条件

安保法制懇,報告書明記へ


2014年2月22日 (一面)


安倍晋三首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)の北岡伸一座長代理は21日,日本記者クラブで記者会見し,集団的自衛権行使の条件として「密接な関係にある国が攻撃される」「放置すれば日本の安全に大きな影響がある」など,5条件を懇談会の報告書に盛り込む考えを示した。

安保法制懇は集団的自衛権の行使容認に向け,憲法解釈の変更を求める報告書を4月にも首相に提出する。これを受けて,首相は与党と新たな憲法解釈の政府見解について協議する考えで,5条件は政府見解をまとめる基本線になる。ほかの条件は,攻撃を受けた国から日本の支援を求める明らかな要請がある▽首相が総合的に判断し,国会の承認を受ける ― とした。これらの条件を満たすことが行使には必要としている。そのうえで,攻撃された国以外の国の領土や領海を通る場合には,その国の許可を得ることも条件とした。

北岡氏は会見で,5条件の具体例として,朝鮮半島有事に対応する米軍の支援を挙げ,「朝鮮半島沿岸の米艦が攻撃を受けて(自衛隊が)助けに行くとき韓国の領海を通るかもしれない。その時は同意を得ることとしたい」と述べた。

また「放置すれば日本の安全に大きな影響がある場合」の具体例として,ペルシャ湾から日本に至る海上輸送交通路の防衛を念頭に「日本に来る石油が途絶する場合」を例示した。さらに日本周辺有事以外でも,米艦船の防護など,行使しなければ日米同盟に悪影響が出る場合などは行使できる,との考えを示した。
 


側近発言 政権リスク 官邸,火消しに躍起


2014年2月22日 (4面 総合)


昨年末の安倍晋三首相の靖国参拝以降,首相の側近から「問題発言」が相次いでいる。首相自身が起用した人物だけに,首相の本音と見る向きもあり,海外の視線も厳しく,政権のリスクになりつつある。やはり身内のさまざまな問題が続き,政権の体力を低下させた第1次政権の二の舞いになりかねず,首相官邸は火消しに躍起だ。

首相側近の発言で問題となったのは,首相の靖国神社参拝や中国,歴史認識に関するものだ。

首相の経済ブレーンの本田悦朗内閣官房参与は米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)のインタビューに応じたが,その記事が波紋を広げた。

19日のナショナリスト本田悦朗氏がアベノミクスで目指す目標」と題する記事では「(本田氏が)日本が力強い経済を必要としているのは,賃金上昇と生活向上のほかに,より強力な軍隊を持って中国に対峙(たいじ)できるようにするためだと語った」と掲載。同紙は,本田氏が神風特攻隊についても「日本の平和と繁栄は彼らの犠牲の上にある。だから安倍首相は靖国へ行かなければならなかったのだ」と語った,と伝えた。

本田氏は20日に「真意ではない」と同紙に抗議。「修正する用意があると言われた」と菅義偉官房長官に報告した。ところが,同紙を発行するダウ・ジョーンズ社は同夜,「記事の内容は正確だと確信している。修正をする用意があると申し出た事実もない」と否定。本田氏は21日,「今,具体的にどうしようということは考えていない」と発言をトーンダウンさせた。

本田氏は20日に「(靖国は)日本人にとっては特別なところ。それをよく理解してください,と言ったつもり。まさか記事になるとは思っていなかった」と記者団に語った。

首相の靖国参拝に対しては中国,韓国のみならず欧米でも批判がくすぶっており,首相を代弁して参拝の「真意」を説明しようとしたことが騒動につながっている。

19日には,首相の盟友の衛藤晟一首相補佐官が首相の靖国参拝に対し「失望」を表明した米国の対応を「我々の方が失望」と批判した動画を公開したことが発覚。

菅長官が首相と対応を協議し,衛藤氏に 「首相補佐官の立場でそんな発言をしてはダメだ」と叱責(しっせき)して削除させた。


政権で危機管理を担う菅官房長官は引き締めに躍起だ。21日午前の閣僚懇談会では「全員で緊張感を持って対応するように」と閣僚に注意を喚起した。官邸スタッフの一人は「首相の靖国神社参拝をきっかけに問題発言が続いている」と分析。「国益を害する結果になっている」と嘆く。

首相は2006~07年の第1次政権で側近を多く集め,「お友達内閣」と呼ばれた。閣僚の不祥事も相次ぎ,07年夏の参院選大敗,退陣の一因となった。この反省から,首相は12年末の第2次政権発足時には,党役員・閣僚に総裁選の対立候補や,国会答弁の安定している人物を起用し政権基盤の強化を心がけた。

だが,今回は首相自身が関係の近さから起用したサポート役やブレーンの発言が発端。それだけに,こうした発言は首相の本音を反映しているのではないか,と国内外の不信感を増幅させている。


・・・・・

政府・与党内でも不満が噴き出しつつある。自民党重鎮は「支援団体の会合で『自民党に勝たせすぎた』と言われた。傲慢(ごうまん)であってはならない」。政権幹部も「こちらが気をつけているのに何だ」と吐き捨てた。


集団的自衛権,走る首相

憲法解釈変更「閣議決定で」


2014年2月21日 (1面 総合)


安倍晋三首相が20日の衆院予算委員会で,集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の変更について,従来の政府見解を大きく踏み越えた答弁を繰り返した。憲法を変えずに,政府が積み上げてきた解釈を変える「解釈改憲」を既成事実にする狙いと見られるが,首相の私的諮問機関の結論や与党内の議論を待たず,解釈改憲を閣議決定で行う考えや,自衛隊法改正にまで言及するほどの前のめりぶりだ。

(2面 総合)

安倍首相は20日の衆院予算委員会で「閣議決定して案が決まったら(国会で)議論頂く。それに沿って自衛隊が活動する根拠法がないから,自衛隊法を改正しなければならない」と答弁。集団的自衛権の行使を認める憲法解釈の変更を閣議決定した上で,自衛隊法を改正する方針を表明した。

現状は,首相が私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)に,集団的自衛権の行使容認を解釈変更でできるかどうかの検討を求めている段階だ。

安保法制懇は4月にも報告書を出す見通し。首相はこれを受け,政府内や自民,公明両党と調整し,憲法解釈の変更が許されるかどうかや具体的な変更内容を検討する見通し。こうした手続きを経て,仮に解釈変更できると最終的に判断したら,その先に閣議決定や自衛隊法改正が議論になる。

首相の答弁は,こうした手続きを飛び越えているうえに,どのような行使ができるかの内容まで,20日の答弁で先取りした。

首相は自衛隊法改正の内容について「今の自衛隊法は,集団的自衛権の行使はできないという中で,できている」と指摘。さらに集団的自衛権に加え,武器使用基準の緩和により (1)自衛隊と離れた外国部隊が攻撃された時,自衛隊が駆けつけて武器を使って守る「駆けつけ警護」 (2)海外での緊急事態で武器を使って邦人を救出 ― まで盛り込む方針を表明した。いずれもこれまでの政府の憲法解釈では,憲法が禁じる海外での武力行使に抵触する恐れがあるとしてきたものだ。首相は駆けつけ警護や邦人救出に加え,「今までの解釈のままでいいのか」と述べ,集団的自衛権の行使となる米グアムに飛んでいくミサイルの迎撃を例示した。

首相は憲法解釈変更に絡み,12日に 「最高責任者は私だ」と発言。民主党の岡田克也氏は20日の予算委で「1人で解釈変更ができると考えるか」と追及した。首相は「『たった1人で決めて良い』とは,言ったことはない。今までの積み上げもあって,国民の理解も大切だ」と釈明。一方で,「内閣において最終的な責任を私が負っている。行政府の責任者は私だ」とも 繰り返した。


(時時刻刻)安倍首相,危うい独走 集団的自衛権答弁,与党も懸念

2014年2月21日(2面 総合)


「最高責任者は私」「閣議決定で決める」 ― 。安倍晋三首相が集団的自衛権の行使容認をめぐり,前のめりな答弁を連発した。行使に慎重な公明党の危機感はとりわけ強く,解釈改憲が許されるのかの議論も深まらないままだ。海外の政府・メディアは,こうした首相の姿勢に批判の目を向ける。


「求心力があるうちにやらないといけない,という思いがあるのだろう。何が何でもやりたい,ということなのだろうが ・・・・・ 」

自民党幹部は20日,首相の答弁に顔を曇らせた。内閣支持率が好調なうちに,悲願の集団的自衛権の行使容認を実らせたいと,首相が結論を急ぎすぎているのではないかと見る。

とりわけ,公明党の受け止めは複雑だ。

「平和」を党是に掲げ,集団的自衛権の行使容認には慎重な立場。「今国会で結論を出すことは簡単ではない」(山口那津男代表)と行使容認に歯止めをかけようと必死だ。首相の私的諮問機関の報告書が4月にも出された後に,与党間協議で「現行解釈の範囲内で対応可能だ」と主張し,少しでも首相を押し返そうとの計算もあった。

だが,首相は20日の衆院予算委員会で,公明党との議論を待たずに,解釈変更を政府内の手続きである「閣議決定」で行うと,先にレールを敷いてしまった。党幹部は「閣議決定をしたところで,関連法案が国会を通らなければ何もできない。それを首相はわかっているのか」と憤る。

集団的自衛権行使を可能にするために憲法解釈を変更することへの懸念は,国会にも広がる。

20日の衆院憲法審査会幹事懇談会で,「(憲法解釈の)最高責任者は私」との首相答弁について,野党幹事から「見逃せない答弁だ」と問題視する意見が相次いだ。政府の閣議決定で行使容認を決められるようになれば,政権が変わるたびにころころと方針が変わりかねない,との問題意識が背景にある。自民党重鎮の保利耕輔会長も「憲法解釈と改正は表裏一体の問題だ」と同調した。

国会内では20日,行使容認に反対する民主,結い,共産,生活,社民5党と無所属の衆参15人が呼び掛け人となった勉強会が開かれた。市民を含む約150人が参加。歴代政権の憲法解釈を担当した内閣法制局の阪田雅裕・元長官が講演し,「なぜ憲法だけを解釈(変更)でやってもいいということになるんだろうか。もしそんなことが許されるなら,立法府なんて要らない。政府が勝手に時代に合うように法律を解釈する理由をつければいいということになるのだから」と首相の手法を批判した。

そのうえでこう呼びかけた。「国の形が大きく変わることだ。憲法改正が必要か必要でないかという立場を超えて,共闘していかなければならない」



海外,厳しい目

英紙「米は後悔」 米紙「解釈改憲を批判」


2014年2月21日(2面 総合)


安倍政権が強気の姿勢を崩さないなか,世界各国では日本の外交安保政策を不安視する声が強まっている。米軍が海外展開の規模を縮小しつつあるなか,日本の軍国主義復活を懸念する声すら上がり始めた。首相周辺やNHK経営委員の発言も含め,安倍政権への懸念は,日本の防衛協力に期待を寄せていた米国にも広がっている。

英紙フィナンシャル・タイムズは,20日付紙面に「米国,自ら望んだはずの安倍晋三に後悔」と題するコラムを掲載した。「米国からの何十年にもわたる催促の末に,安倍氏は防衛力の増強や『安保ただ乗り』体制からの脱却に意欲を示しているが,今や米国は不安を抱き始めている」と分析。同紙は,安倍政権の政策のいくつかは米国自身が要求してきたものだとしつつ,「米政府内で多くが不快と感じるような,歴史修正主義に基づくナショナリズムという対価を伴っている」と指摘した。

ケリー米国務長官が日本を「予測不能で危険」とみなしている,とする元ホワイトハウス高官の話も引用。米国の影響力が弱まるなか「米国は中国との衝突を避けるためなら,日本の利益を犠牲にする」(豪安保専門家)との見方を紹介した。

米紙ニューヨーク・タイムズは19日の電子版の社説で,「安倍首相は正式な手続きではなく,彼自身の再解釈により,憲法の重要な部分を変えようとすることに,危険なほど近づいている」との懸念を示した。

安倍首相は「他の国家主義者と同じように,憲法が定める平和主義を拒絶している」と指摘し,「(個人的)解釈による改憲は法の支配に背く」と批判。日本の最高裁判所は「安倍首相の解釈を拒絶しなければならない」と訴えた。

1期目のオバマ米政権でホワイトハウス国家安全保障会議アジア上級部長を務めたジェフリー・ベーダー・ブルッキングス研究所上級研究員は,「オバマ政権は集団的自衛権を含めた安倍政権の安全保障上の政策課題を支持してきた。これは靖国神社参拝後も変わらない」と指摘。一方で,「安倍首相の参拝は,政権が取り組む重要な安保政策の目標をひどく傷つけることになった」と分析した。

米国務省のハーフ副報道官は19日の電話会見で,安倍首相の参拝に「失望した」との声明を出したオバマ政権の対応を批判した衛藤晟一首相補佐官の発言に言及した。「我々は参拝への立場は非常に明確にしており,それが我々の反応になるだろう」と指摘。衛藤氏の発言は取り合わないが,米政府の見解は変わらないと強調した。

仏ルモンド紙も7日付で掲載したコラムで,中国指導者が愛国主義的な発言を繰り返す一方,安倍首相や側近も挑発的な言動を重ねており,軍国主義時代の歴史を書き改めていると主張。戦前への回帰に警戒感を示した。

ドイツでも,日本と中国の対立激化への懸念は深まっている。週刊紙ツァイトの元編集主幹で日本にも詳しいテオ・ゾンマー氏は同紙電子版(11日付)の「火遊びをする中国と日本」との記事で,「中国でも日本でもナショナリズムの波が高まり,非妥協的な態度がもてはやされている」とした。

一方,安倍政権批判を続けてきた中韓両国は反発の度合いを強めている。中国外務省の華春瑩副報道局長は19日の定例会見で,衛藤氏の発言について「一部の間違った言動や危険性に断固として対抗するべきだ」と強調した。20日付の韓国各紙も衛藤氏の発言を,「妄言」(東亜日報),「波紋」(中央日報)などと報じた。


同じことを何度も書くのは止して,2月15日に書いた 「より美しい 誇りのある国」 をもう一度読んでほしいと希望します。



未完

蛇足

『濹東綺譚』(新潮文庫) は,次の文章で終わっています。

*



濹東綺譚はここに筆を擱おくべきであろう。 ・・・・・

草稿の裏には猶数行の余白がある。筆の行くまま、詩だか散文だか訳のわからぬものを書(しる)して此夜の愁(うれい)を慰めよう。


残る蚊に額さされしわが血汐。
ふところ紙に
君は拭いて捨てし庭の隅。
鶏頭の一茎(ひとくき)立ちぬ。
夜ごとの霜のさむければ、
夕暮の風をも待たで、
倒れ死すべき定めも知らず、
錦なす葉の萎(しお)れながらに
色増す姿ぞいたましき。
病める蝶ありて
(きずつ)きし翼によろめき、
(かえり)咲く花とうたがう鶏頭の
倒れ死すべきその葉かげ。
宿かる夢も
結ぶにひまなき晩秋(おそあき)
たそがれ迫る庭の隅。
君とわかれしわが身ひとり、
倒れ死すべき鶏頭の一茎と
ならびて立てる心はいかに。


丙子(ひのえね)十月三十日脱稿

by yojiarata | 2014-02-27 17:41 | Comments(0)

日本語 ☜ ☞ 英語  巻の一



ご隠居さん 今日は些かかわった題だね。一体何の話をするつもり。

***



わが師の恩


ま,ゆっくり聞いてちょうだい。一言でいえば,「英語少年の60年」 ということになるかな。

君もそうだと思うけど,若い頃に決定的な影響を受けた先生が何人かおられるでしょう。私の場合,奥幸雄先生は,英語の修業をどこまでも続けようと決心させてくださった恩師です。

大学に入って聴いた英語の授業は,文学作品の英文解釈に終始していたよ。語学学習にいれこんでいた祖父と父をみて育った私は,自分も英語を勉強しようと軽い気持ちで考えていたんだね。

だけど,ただ何となく勉強して受けた英語の試験は,毎回ひどく成績が悪かったんだ。授業で当てられて,トンチンカンな答えをして,君は高等学校で何を習ってきたのだと皮肉を言われたよ。要するに,英語に興味がもてない,英語のできない学生だったんだ。

しかし,このときの体験は,のちに大きな財産となりました。一つはこんなことをいう教師を何としても,追い越さねばならない,教師に皮肉られる田舎学生に失笑を浴びせた勉強の良くできる都会育ちの秀才学生に,勝たねばならないと決心しました。” 麦踏み” というでしょう。踏まれて,強くなるんだよ。

麦踏みとは何かって。そうか,君は,やったことも,見たこともないんだ。

こんなときです,奥先生が授業で話される英語を聴いたのは。あれから60年が経つけど,その印象は,目が覚めるほど鮮烈だったんだ。奥先生は,言葉が生きたものであること,文化であることを教えてくださったように思います。授業が終わったあと,先生をつかまえては,英語の発音のことなど,延々と質問しました。奥先生は,私の粘りに呆れられたのか,辛抱強く対応してくださったんだ。私は,大学に入って,奥先生に巡り合ったのは,天の配剤であると心から感謝しました。

奥先生の授業で,目が覚めた私は,自分でもびっくりするくらい,英語に興味をもつようになったんだ。親から受け継いだ血が,ここで初めてわれに味方したのかもしれない。『英語研究』(研究社)を愛読,堀内克明先生が連載しておられた,英語の発音の連載記事には,眼から鱗が落ちる思いがしたよ。

キリスト教には全く興味がないくせに,教会に潜り込み,アメリカ人の宣教師に,英語を学びたくて来ていると白状したために,やんわり,出入り禁止を宣告されました。

同じく,語学に興味を持っていた弟と,山田和男 『英作文研究-方法と実践-』 (文建書房)を前にして,飽きることなく議論したのも,あとで思うと大変な栄養になったよ。

しかし,奥先生の授業の本当の素晴らしさに気がついたのは,先生の授業を受けてから20年近く経ったあと,アメリカで2年間生活したときです。学生の頃,奥先生の授業に出会わなかったら,アメリカに入っていくのは,もっと大変だったのではないかと今になって思っています。

アメリカでは,多くのことを学んだよ。アメリカで経験した壁は,一言で言えば,「文化の壁」だったような気がしました。私の方針は,アメリカでは,可能な限り,日本人と付き合うことを避けて暮らすこと。またとない機会を得て滞在しているアメリカの生活を足掛かりにして,可能な限りアメリカを知り,自分の英語修業に役立てたいと考えたからです。

ところが,アメリカで英語の修業を積みながら,次第に,何だか変だと思い始めました。自分の英語に,ひどく重要なものがスッポリ抜けていることに気が付いたんだ。その原因に思い至ったのは,日本に帰って来てからのことである。帰国直後に手にした本のなかに,平野敬一 『マザ-・グ-スの唄』 (中公新書)があったんだ。その本を読み,そうだったのかと納得しました。

ある高名な学者が,英米なら3歳の童子でも知っている唄について,出所不明と書いておられることから始まって,

【ことばの喚起性というものは,・・・・・ 多くの場合,学校での勉強や,書斎における研究では捕捉しえない生活基盤そのもの,広義の「文化」から生まれてくるのである。

・・・・・

どんぶらこっこを耳にして,桃太郎を連想しない日本人はいない。しかし,外国人が,その意味を知りたくて辞書を調べても,答えは出ないであろう。】

と書かれていたんだ。

アメリカで,何かすっぽり抜けていたと感じたものは,私自身がアメリカでの幼児体験を持っていないことだったんだよ。そう考えて読み進みながら,私は,平野先生が,言葉を学ぶことの本質を説いておられることに,いたく感銘を受けました。同時に,私の英語修業にも,さらに弾みがついたよ。



倉石武四郎 『中国語五十年』



私が大切にしている書物のなかに,倉石武四郎 『中国語五十年』 (岩波新書,1973)があります。

全生涯を中国語の研究に費やした倉石武四郎は,次のように書いておられます。

【わたしはまだ若いとき,本居宣長 『古事記伝』 をよみ, 「こころとこととことばとは相構えて離れず」 の一句にいたり,ふかく推服した。宣長としては,後世のものが上代のことを研究するときの心得としたのであろうが,われわれ外国,ことに中国のことを学習し研究するものにとって,その短かいことばこそ生涯これを服膺してもなおあまりのあるものであった。】

英語の修業に夢中だった私に,ガツンと頭に堪える一文だったよ。

アメリカに10年も20年も生活していて,おかしいくらい,アメリカについて何も知らない人が,一人ならずおられることを知っています。言葉は,いわば,音感の問題もあるから,なかなか上達しないこともあると思うけれど,アメリカを知らなさ過ぎるのは,本人の努力の欠如としかいいようがありませんね。要するに,日本人とばかり付き合っているから,必然の結果として,そうなるんだよ。

英語少年の修業は,今も毎日続いています。NHKラジオのいくつかの番組を欠かさず聴いています。何しろ毎日が日曜日なので,時間は無限にあるからね。

この続きは,近く書く予定です。


つづく

by yojiarata | 2014-02-27 17:40 | Comments(0)

胎児のお腹は 何故 ポコンと飛び出しているのか



ご隠居さん 今日は一体何が始まるの。

***


怒ってばかりいると,老体に悪いのでね。話題を変えたんだよ。

妊娠初期のお母さんの子宮体部に寝転がっている胎児のお腹は,ポコンと飛び出しているよ。絵か写真で見たことあるでしょう。今から,何故飛び出しているかを説明するよ。ひとのからだの生物学と密接に関係しているからね。


白血病 と 肝臓


白血病の患者の全身の骨髄は,頭蓋骨から手の骨,背骨に至るまで,全部が悪性化した白血球細胞で占められて,赤血球が生まれる物理的スペースがなくなるんだ。人が生きていくためには,酸素をからだ全体に送り届ける赤血球がなくてはならないよ。理科の授業で教わったよね。その赤血球は,主に骨髄で作られるのです。

赤血球がなくなると生きていけないから,人は最後の手段として,肝臓を動員して赤血球を作り始めるんだ。進行した白血病患者の肝臓から,通常であれば造血組織の中にしかないはずの,核を持つ赤血球が見付かるのでそれとわかるよ。

何故,肝臓が赤血球を作り始めるのかって?

その疑問に答えるために,母親の子宮体部で育っている妊娠初期の胎児の話をします。妊娠2ヶ月目の胎児を念頭に置いて描いた図を見てください。

a0181566_1544814.jpg

青木幹雄・画 (2009)


この時期の胎児のお腹は,ポコンと大きく飛び出しています。妊娠2カ月では,胎児の体長は 1センチ くらいです。その頃から,胎児の体内には,すでに血液があります。

血液細胞は主に背骨の中の骨髄で作られると書いたけど,この段階の胎児には,まだ背骨が出来ていないため,胎児は肝臓で血液細胞を作ることになるんだ。胎児のお腹が飛び出しているのは,この目的を達するために特別に用意された巨大な肝臓のせいなのです。

成人になっても,肝臓は人体ナンバーワンの大きさを誇ります。学生の頃,司法解剖の現場に立ち会って,最初に驚いたのは肝臓の巨大さです。

君は,巨大な肝臓があれば骨髄の肩代わりを充分に果たすことができるのではないかと思うかもしれないけれど,ものごと,そんなに単純じゃないんだ。肝臓は人間が生きていくうえで欠くことのできない数々の重要な仕事を受け持っています。従って,肝臓細胞は全軍を動員する血液細胞の製造工場になることなど許されないのです。つまり,肝臓には血液細胞の供給などのアルバイトをする余裕なんかないんだよ。

これで,妊娠初期の胎児のお腹がポコンと飛び出しているわけがわかったでしょう。


子宮体がん と 胎児


余談だけど,付け加えておきたいことがあります。

子宮体部ががんになると,胎児はひどく居心地が悪くなるんだ。がんでゴワゴワになった,いわば,筵の上に寝かされている状態になるからね。


私の60年来の友人・青木幹雄君との長年の交流によって,がんについて,多くのことを学びました。青木君は吉田富三門下の病理学者です。このブログに載せた胎児のイラストも,同君の作品です。これらの経験をもとにして,荒田洋治 『がんとがん医療に関する23話』 (薬事日報社,2009)を執筆しました。病理学者とは異なる目線で,がんを考えてみたかったのです。執筆の時,つねに私の頭にあったのは,青木君との60年に亘る会話です。



おしまい
by yojiarata | 2014-02-15 20:50 | Comments(0)

より美しい 誇りのある国



ご隠居さん しばらくおとなしくしていたけど,今日は久しぶりの大噴火のようですね。

***


ま 聞いてください。もう我慢の限界だね。

私のニュース・ソースは,朝日新聞だけど,一度購読を始めたら,他の新聞に変えるが面倒くさくて,そのままになっているだけで,とくに,朝日が好きだとか,嫌いだとかということはないよ。新聞は新聞だからね。例えば,太平洋戦争中,” 勝った勝った” と ドンドン太鼓を叩いたのはどの新聞も同じですよ。

2月11日 ( 3 総合 ) に,目を剥くような記事が出たよ。

曰く

日本をより美しい,誇りのある国に

記事の中身は,安倍晋三首相が,建国記念の日に合わせて,「愛国心」を訴える内容になっているよ。

【「国民一人一人が,我が国の今日の繁栄の礎を営々と築き上げた古いにしえからの先人の努力に思いをはせ,さらなる国の発展を誓う,誠に意義深い日である」と指摘した。

また,「幾たびか災害や戦争などの試練も経験したが,国民一人一人のたゆまぬ努力により今日の平和で豊かなくにを築き上げた」と振り返り,「私たちの愛する国,日本を,より美しい,誇りのある国にしていく責任を痛感し,決意を新たにしています」とした。】


官僚の書いた,きれいごとの,空々しい文章だね。第一,言っていることと,やっていることが違うんじゃないの。

*


2月7日 ( 4 総合 )

武器使用緩和に言及

【安倍晋三首相は6日の参議院予算委員会で,海外で緊急事態が起きた時の邦人救出について「今の法体系でh自衛隊は何もできない」と答弁し,武器を使用する基準を緩和して可能にすべきだとの見解を示した。】


2月11日 ( 3 総合 )

首相,再稼働発言を再開

【東京都知事選での舛添要一氏の当選をうけ,安倍晋三首相が原発再稼働に前向きな姿勢を示した。10日の衆議院予算委員会で

「新たなエネルギー基本計画を踏まえ,再生可能エネルギーの導入状況,原発再稼働の状況などを見極め,できるだけ早くエネルギーのベストミックス(最適な電源構成)の目標を設定していく」と答弁した。】


*


事態がこのように動いている中で,私は,切り取っておいた平成26年1月15日(水曜日)の夕刊(4版,2面)の記事を見直しました。

記事の内容は以下の通りです。

東芝,英で原発建設へ  事業会社買収を発表

【東芝は15日,英国で原発の建設計画をすすめる海外企業を買収すると正式に発表した。原発3基を建設する。東京福島第一原発の事故後,日本で原発を新たにつくるのが難しくなったため,海外での受注に力をいれており,今回の買収もその一環だ。

買収するのは,フランスとスペインの電力会社が折半で出資する「ニュージェネレーション(ニュージェン)」。

・・・・・

WH(ウェスチングハウス)を含めた原発建設で世界最大手の東芝 は,海外での受注に力を入れてきた。18年度には原発事業の売上高を13年度の2倍近い1兆円に増やす計画だ。ニュージェン買収は東電の事故後,東芝にとって国内外で初の原発受注となる。】
(ゴチ,下線,青色は,荒田が記入しました。)


これは,途轍もなく重要な情報 だから,絶対に忘れないでちょうだい!


憲法解釈 「最高責任者は私」
2月15日 ( 4 総合 )

【首相は12日の衆院予算委員会で,集団的自衛権の行使に関連し, 最高の責任者は私だ。政府答弁に私が責任を持って,その上で私たちは選挙で国民の審判を受ける。審判を受けるのは内閣法制局長官ではない。私だ,と答弁。  翌13日の同委で首相は民主党の篠原孝氏から「国会議員が議論して決めていくべきだ」と批判され,「政治の場で私が決めればいいということではない。安保法制懇(首相の私的諮問機関)で慎重に深い議論をして頂いている」と軌道修正したが,批判は収まる気配はない。

首相への批判は,与党からも漏れる。公明党幹部は「最近の首相発言は前のめり過ぎで,危ない感じがする。13日の自民党総務会では村上誠一郎元行革担当相が「選挙に勝てれば憲法解釈を自由に変えられるというのか」と批判した。】


新聞の引用はここまで


***に刃物(岩波広辞苑第6版には,今でもちゃんと載っているよ)というでしょう。これから何が起こるのかね。

*


SankeiBiz の2月14日号によると,

経団連,武器輸出三原則の改善案提言 政府内に専門部局設置を

【防衛産業でつくる経団連防衛生産委員会の岩崎啓一郎総合部会長代行は12日,自民党の国防部会関連会合で,武器輸出三原則の「改善案」を提言した。防衛装備品について他国との共同開発に限らず,国産品の輸出を広く認めるべきだとし,国際競争に勝ち抜くため,政府内に武器輸出を専門に扱う担当部局を設けるよう求めたのが特徴だ。

安倍晋三政権で三原則見直し作業が本格化して以降,産業界の本格的な提言は初めて。政府が策定中の新たな指針に反映させる狙い。政府,与党の協議に影響を与えそうだ。

・・・・・

武器輸出三原則「改善案」提言のポイント
 一,他国との防衛装備品の共同開発に限らず,国産品輸出を広く容認。
 一,2011年の武器輸出三原則の緩和は「規制の強化」と指摘。
 一,政府内に武器輸出の専門部局を設置。
 一,大規模な国際共同開発は国が主導。
 一,日本の技術貢献度が小さい場合は輸出相手国に第三国移転の管理を委ねる。】



人殺しの道具を大量に作って,海外に輸出して金儲けししている三菱重工業など大企業,それを束ねる経団連は,暴走中の独裁政権と一体だからね。これから何をしでかすのか,怖いよね,恐ろしいよね。


私が前に書いた記事

「いつか来た道 続編」

「実録 いつか来た道 巻の一」

「実録 いつか来た道 巻の二」 

「大和魂 と 靖国神社」

「臨時国会と論戦  ”一党独裁” とその行く末」

「死の商人」

などをもう一度読んでほしいんだ。



未完


































































































































by yojiarata | 2014-02-15 16:45 | Comments(0)

池田亀鑑 の 平安朝文学



ご隠居さん 何の話でもゆっくり聞くけど,平安朝のことに興味があるんですか。


***


うん,いろいろとね。

私の1歳年下の弟が,池田亀鑑(きかん) のことを熱心に話していたんだ。大学に入ったばかりの頃だから,60年も前のことになるね。最近まで,すっかり忘れていたんだけど,引越しのために本棚を整理していた時,池田亀鑑 『平安朝の生活と文学』 が出てきて,あの頃のことを思い出したわけです。


a0181566_2050546.jpg



池田亀鑑は明治29年(1896年)12月9日,鳥取県日野郡福成村(現・日南町)生まれ。鳥取師範学校,東京高等師範学校を経て,1922年,女子学習院助教授,同年,東京帝国大学本科入学資格試験合格,1926年,東京帝国大学国文科卒業,同副手。1934年,助教授,その一方,兼任で二松学舎専門学校教授,大正大学教授,日本女子専門学校教授,昭和女子大学日本文学科科長,立教大学大学院教授。

昭和23年(1948年) 東京大学より文学博士。論文の題は「古典の批判的処置に関する研究」。

昭和30年(1955年),58歳で東京大学教授になったんだけど,昭和31年(1956年)12月19日,博士の畢生(ひっせい)の大業『源氏物語大成』全八冊の最終巻が刊行されてから二週間後,定年退職を待たずに,やまいに倒れ他界されました。享年六十。

a0181566_21395367.jpg

池田亀鑑 (1896-1956)


池田亀鑑は,日本古典文学の研究に近代的な文献学の方法論を確立した,平安朝文学の巨人です。



『平安朝の生活と文学』


『平安朝の生活と文学』の裏表紙に次のように書かれています。

【平安時代文学の母体となった後宮生活の実態は明らかでない部分が多い。本書は源氏物語・枕草子など当代作品をはじめ古記録を材料に,宮廷生活について具体的に概説したもの。】

読んでいて興味が尽きないよ。君にも勧めます。この本は,今でも手に入るよ。
平安朝の生活と文学 (ちくま学芸文庫,2012)。


*


例えば,「第八章 食事と食物」には,こんなことが書かれているよ。

食事の時刻と回数

平安時代には食物のことを,クヒモノ・タベモノ・ヲシモノ・ケ などと称しました。まず食事の時刻や回数についていいますと,この時代には,定まった食事は一日二回とされています。古く,『日本書紀』の 雄略天皇の条にも,「朝夕御膳」とありますが,天皇が召される正式のお食事,すなわち内膳司が供する大床子(だいしょうじ)の御膳は二度とされています。

食事の時刻は,『禁秘抄』に,『寛平御遺誠』を引かれて,朝は巳の刻(午前十時),夕は申の刻(午後四時)に召されるといっておられます。 ・・・・・

主食・飯

まず今日主食といわれるものについて述べてみましょう。

飯をイヒというわけはよくわかりません。メシというのはミヲシとつづめた語ともいわれ,またメシ物の略ともいわれます。『和名抄』には飯という名目はありません。貴人の場合には,もの・おもの・供御・御台などと称します。おものは御膳の訓です。 ・・・・・



次に粥(かゆ)のことですが,これは平安時代の物語類によく見えるものです。これに二種あって,『和名抄』に饘をカタガユ,粥をシルカユとよんでいます。饘(堅粥)は今の飯のようなもので,器に盛ることができるもの,これに対して汁粥は,薄くて汁があり,今の粥とどうようなものだったと思われます。『今昔物語』 (十二)に源頼清が道命阿闍梨(どうみょうあじゃり)の房で粥を食したことをしるして

粥ノ汁ナリケレバ,頼清此ノ御房ニハ粥コソ汁ナリケレ,ト云ヘバ,阿闍梨道命ガ房ニハ粥汁也,主ノ御家ニハ飯固シト云ケレバ,其ノ座ニ有リト有ル人,頤(オトガヒ)ヲ放(ハナチ)テゾ咲(ワラヒ)ケル。

といっています。

菓子

終りに,女性の生活に関係深い菓子について略述しましょう。

平安朝文学では菓子はすべて「くだもの」というよび方見えています。くだものは元来,木または草に生ずる実のことで,『和名抄』に「果蓏・・・・・木上曰果・・・・・地上曰蓏」としるし,果は菓とも書いてクダモノとよみ,蓏はクサクダモノとよむと注記しています。これらの果実の中で,食用に供するものを特にくだものとよんだものです。

くだもの

くだものには,栗・柿・梨・橘・柑子・じゅくし・古錬柿(こねりがき)・桃・柚・瓜・覆盆・楊梅・葍・椎・蓮根・甘葛・棗 などが『延喜式』(三十)その他に見えています。



『古典学入門』


『古典学入門』 (岩波文庫) には,池田亀鑑 の古典に対する考え方が,きわめて明快に語られているよ。

読めば読むほど,自然科学をバックグランドにもつ私に,深い共感と感動を呼び起こさせるものがあるね。自然科学の方法論そのものだね。とことん疑ってかかり,次に進むんだよ。

『古典学入門』 から,何か所か引用させていただきたいと思います。


*


「時」は古典を損傷し,破壊する。故意の,または故意ならざる原因によって,どれだけ多くの古典が,従って古典的精神が湮滅(いんめつ)に帰したか分らない。今日われわれが見ることのできる完全な古典というものは,ごくわずかの分量に過ぎない。 ・・・・・

中国の古典にしても,歴代の校勘学がいかに重要であるか,また今後もなおいかにそれが必要であるかは,孔子の『論語』の流布本文が,既にそのままでは信用できない事実に徴してもあきらかであろう。

日本の古典に至っては,記紀万葉 はいうまでもなく,十世紀,十一世紀に入っても, 『古今集』,『源氏物語』,『枕草子』 をはじめ,あるゆる作品にわたって信用してよい本文は一つも示されていない。われわれは, 『 瞑想録』 の訳本を見て,パスカルそのものだと妄想したり, 『枕草子』の教科書版 を見て,すぐ清少納言の原作そのものだと過信したりのであるが,実際は決してそのようなものではないのである。

・・・・・ 原本性の再建は,今後も手をゆるめてはならない重大な仕事である。

古典をよむためには,右のように,科学的な能力と芸術的なひらめきとが要請されるわけであるが,できることなら,一人に,そうゆう才能が恵まれていたい。しかし,実際にはなかなか望むべくもないので,結局それぞれの個性と能力に適した方向に進まざるをえない。 ・・・・・ 望ましいことは,古典に親しむ人々は,広い心をもって,他の諸方法の協力をもとめることである。古典を讀む方法は決して一つではありえないということを,いつも忘れずにいることが肝要である。


誤脱本文の実例

日本の古典的作品は,写本によって伝えられたものが多いので,本文に誤りが多い。一つの写本だけでは意味の通らぬものが多い。たとえば,近年問題になった 『宇治捨遺物語』 「鬼にこぶとらるゝ事」 の段の最初の一文について見よう。流布(るふ)の木版本に

  これもいまはむかし,右のかほに大なるこぶのあるおきなありけり。大かう 山へ行ぬ。

とある。この「大かう」や,山の名とするのは穏当でないので,あるいは「大よそ」のあやまりとも,あるいは「大かた」のあやまりとも,「大てい」の誤りともいわれ,恣意(しい)による推測批判がおこなわれたが,近世初期に写された古写本には,

  これも今はむかし,右の顔に大なるこぶのある翁ありけり。大かう しの程なり人にまじるに及ばねば薪をとりて世をすぐる程に 山へ行ぬ。

とある。書写の中途において,ある書写者が不注意のため,〇印の部分 ( 荒田注 ここでは,その部分を青色のゴチ (下線付き) を用いて 区別 しました) を脱してしまったのである。これはおそらく「程」の字の目うつりによって,一行分を脱落したものであろう。 ・・・・・

・・・・・ ともかくも,誤った本文によって正しい解釈が生まれてくるはずはない。『枕草子』 には,このような誤脱が非常に多いのであるが,例えば,手紙や会話の言葉づかいがその人の教養を示すという趣旨をのべた一段について見ると,この一段は,『枕草子』 の四大系統の写本群に異同があって,原本的性格が非常に喪われたものであるが,その文章の中に

  大かたさしむかひても,なめきは,などかくいふらむと,かたはらいたし。ましてよき人などを,さ申す者は,さるはをこにていとにくらし。 (春曙抄(しゅんしょしょう)本)

とある。普通の注釈書には,この部分の意味を,惣(そう)じて,手紙ばかりではない,お互い同士さし向かいの時でも,詞(ことば)の無礼なのは,なぜこう無礼なことをいうのだろうと,苦々しい。まして貴い人などを,そう失礼にいう者は,それは小癪で甚だにくい」というふうに解している。これでは何のことか道理が通らない。まして,これが 「さるは」 という特殊成語の一用例として引かれなどしはたまらない。ここの本文には,実は重大な損傷があるのである。つまり,ここは三巻本の古写本に,

  大かたさし向ひても,なめきは,などかくいふらむと,かたはらいたし。ましてよき人などを,さ,申す者は,いみじうねたうさへあり。田舎びたる者などの さるはをこにていとよし。  

とあるのが正しいのである。ある書写者が先ず不注意で〇印の部分 ( 荒田注 ここでは,その部分を青色のゴチ (下線付き) を用いて 区別 しました) を脱した後,多くの人の手が加わり,その文章の意味を通ぜさせるために,「よし」 を 「にくし」 と改めたものいたのであろう。この部分は正しくは,貴人を無礼な言葉で批評するのは,聞く方で義憤さえ感じられるが,しかし,無教養な田舎者がそんな言葉をつかうのは,朴訥(ぼくとつ)でかえってよいという意味である。つまり普通の解釈とは反対に意味になるわけである。

右のようなれいは, 『枕草子』 には無数にあり, 『徒然草』 のような,比較的新しく,また本文に異同が少いといわれている作品でも,かなりの誤脱がある。 ・・・・・

この作業は,厳しく主観的恣意の介入を拒否する。徹頭徹尾客観的でなければならない。カメラのように忠実な客観的態度が必要である。そのわくは死守されねばならない。この批判的作業の上に,はじめて解釈という作業がつづくわけである。


*


知れば知るほど,池田亀鑑は,底知れぬ能力の物凄い学者だね。地位とか名誉とかには恵まれなかったようにみえるけど,中身の濃い劇的な生涯を送られたんだね。


この頃は,自然科学の世界でも,とくに若い連中がタレントのように走り回っているね。商売になりそうだとなると,マスコミが待ってましたと騒ぎ立てるから,本人もその気になって,調子に乗って,有ること,無いことを喋りまくるんだ。

池田亀鑑のような,学者中の学者といえるような,静かな人物を大事にしない国は,いくらお金があっても,滅びるよ。

*


池田亀鑑: 平安朝の生活と文学 (角川文庫,昭和五十六年,二十六版)

池田亀鑑: 古典学入門 (岩波文庫,第5刷,2012)












































































by yojiarata | 2014-02-11 11:30 | Comments(0)

カレイ と ヒラメ 



ご隠居さん 今日は魚の話が始まるの。魚なんて,ちょっと退屈そうだね。

***


退屈どころか,大変に面白い話だから,よく聴いてほしいんだ。

「魚なんて」というところをみると,君は肉ばかり食べているんじゃないの。もしそうだったら,次のニュースが参考になるよ。

厚生労働省の研究班(代表・三浦克之滋賀医科大教授)が,日本人を対象に24年間にわたって追跡調査した結果,魚介類を多く取る和食文化で脳卒中や心臓病を予防できる可能性が示された。
(2014年2月2日,朝日新聞朝刊)

*


 動物の目玉 


動物には目玉が必ず二つあるよね。そして,上から見ると,左右対称で,左と右に目玉は一個ずつあります。ところが,「例外のない規則はない」の言葉の通り,実に面白い例外があるんだ。


 フラウンダー (Flounder) 


フラウンダーという総称でよばれる一群の魚がいます。

生物の分類に使われる言葉でいえば,フラウンダーは カレイ目 (もく) の魚の総称です。砂や泥の海底に生息し,海底に潜むのに適した平たい体をしています。目玉が魚の左側の面か,右側の面のどちらかに,二つともある特徴的な形態をしているよ。

海底付近であまり遊泳せずに暮らす 底生魚 のグループであり,水底で 有眼側 (目のある方の意味)が上になるように横倒しになって,砂や泥に潜るなどして暮らしているんだ。泳いでいるときも,有眼側が上,無眼側 が下となっています。一般的に両眼は大きく体側面から突出しており,体を砂地に潜らせた状態でも周囲を見渡すことができるんだ。

二つの目玉のある側は黒褐色から褐色。この体色は体表にたくさん散らばっている色素細胞の大きさを変えることにより,周囲の環境に合わせて変えることができ,保護色となる。目玉の無い側は白色。こちらの面を上にして寝転がるのは,目立つから危険なんだよ。

板の面に裏と表があって,かたちも卓球のラケットみたいで愉快だね。

a0181566_2054758.jpg

海底に平らに張り付く


体の右側に眼があると 右側眼,左側に目があると 左側眼 とよぶ慣わしです。

カレイ目の魚は,2 亜目14 科134 属で構成され,カレイ,ヒラメ,ウシノシタなど,海底で暮らす底生性の魚類を中心に678種が記載されています。ごく薄い扁平な体と,左右どちらか一方に偏った両眼を特徴とし,水産資源として重要な食用魚が多数含まれています。

俗に, 左ヒラメ に 右カレイ と言われているんだけど,ヒラメとカレイ類では有眼側が左右逆になっていることが多いよ。すなわち,一般的にカレイ類は体の右側に眼がある右側眼,ヒラメは左側に目がある左側眼です。

大雑把にいえば,両眼が右側に付いているのがカレイ,左側 に付いているのが ヒラメ なんだけど,例外も多いよ。例えば,日本産のヌマガレイ (カレイ科) は左側眼であり,ボウズガレイ科の仲間は左右まちまちなんだよ。

カレイ と ヒラメ の決定的な違いは食性と口の形であります。 カレイの仲間は砂の中の小さな虫を食べるため,口は小さく,ヒラメ は小魚やエビなどを捕食するため,口は大きく,鋭い歯が生えているよ。

カレイ と ヒラメ の例を見てください。

a0181566_1016271.jpg

ニシマガレイ Limanda limanda (カレイ科)


a0181566_10175819.jpg

イシビラメ Scophthalmus maximus (スコプタルムス科)



 カレイ と ヒラメ


「カレイ」 と 「ヒラメ」 は,『岩波書店 広辞苑第六版)』 には,次のように説明されています。

かれい 【鰈】 カレヒ

(カラエイの転)カレイ科の硬骨魚の総称。体は扁平で卵形,頭部はねじれて,眼は普通,体の右側に集まる(ヒラメでは,眼は左側)。眼のある側は褐色で海底の色に似,眼のない側は白色。砂底に生息。多くの種類がある。食用。

ひらめ 【比目魚・平目・鮃】

ヒラメ科の硬骨魚の総称。また,その一種。体は楕円形で著しく平たく,両眼とも左側にある。口は大きく,歯は鋭い。眼のある側は暗褐色で反対側は白色。全長は80センチメートル に及ぶ。近海の砂底に横臥する。冬季から早春にかけて美味。


*


カレイは,白身が美味で,日本では,刺身,寿司,煮付け,焼き物,揚げ物などさまざまな料理に用いられます。また,冬のカレイ,特に産卵前の時期のメスは大きな卵巣をもっており,子持ちガレイとよばれ,甘辛く煮付けたものが日本の冬の味覚として好まれるよ。

ヒラメは,刺身,寿司ネタに用いられる高級食材で,フラウンダー類の中では最も高値で取引されているんだ。連れ合いは,昔はそうでもなかったけれど,値段が張るので今は買わないといっているよ。

魚の頭を左に向けて出す日本料理の古来の仕来りでは,両目が左に付いている ヒラメ の場合はいいんだけど,両目が右に付いていることの多い カレイ の場合には,当惑すべき結果になるよね。目玉を見えるようにお皿におけば,日本古来の仕来りを破ることになるよね。そうかといって,頭を左に盛り付けると,目玉の無いカレイ を食することになるでしょ。連れ合いは,その場合は,自分なら,魚を切り身にして出すと言っているよ。

ところが,よくしたもので,日本で食されているカレイは,両目が左側に付いているんだ。


 太平洋におけるヌカガレイの分布


我々が日本で食しているのは,両眼が左側に付いている左側眼のヌマガレイです。ヌマガレイは,カレイ目・カレイ科に分類される魚の一種。別名「イシガレイ」,「カワガレイ」,「タカノハガレイ」,「ツキリガレイ」など。

ヌマガレイの話をする時には,驚くべき統計データについて語らなければならないんだ。

a0181566_158115.jpg

カレイ科に属する,数少ない左側眼。ヌマガレイ 沼鰈。学名 Platichthys stellatus



 アメリカから日本の及ぶ太平洋におけるヌマガレイの両目の分布


アメリカ西海岸から日本にかけて生息するヌマガレイを捕獲し,目玉がどちらに付いているか,つまり,左側眼か,右側眼かを調査した統計データがあるんだ。 こんなことがあっていいんだろうか!


アメリカの西海岸で採取すると:  

左側眼  50% 
右側眼  50%


アメリカと日本の中間 (アラスカ沖) で採取すると: 

左側眼  70%
右側眼  30%


日本近海で採取すると:

左側眼  ほぼ 100%
右側眼  ほぼ 0%


面白いね。不思議だね。どうしてなんだろうね。君はどう思う?

まとめると,こういうことになるよ。つまり,日本で食しているカレイは,ヌマガレイとよばれているフラウンダーで,両目が体の左側に付いているカレイなんだ。左側といっても,ヒラメとは違うよ。


 誕生から 成体へ


幼生は目が普通の魚と同様に左右に分かれて付いており,体も平たくない。成長とともに変態し,目がだんだんと 左側か,右側のどちらかに移動していき,体が平たくなり,また浮き袋がなくなり底生の成体となるんだ。この図では,左側眼になる様子が描かれています。

a0181566_22443780.jpg

両眼が成長とともに移動する有様




君は,最初,「魚なんて」といっていたけれど,魚も奥が深いと思わないかい。


*


ヌマガレイに関する統計データなどは,サイエンティフィック・アメリカン(1982年5月号)の記事 「フラウンダーの非対称性」 に記載されています。両眼が成長とともに移動する有様を模式的に描いた図は,同誌からの転用です。





by yojiarata | 2014-02-10 17:57 | Comments(0)