<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

God bless America



今朝,ワールド・シリーズ第3戦(デトロイト)を観戦した。大方の予想と異なり,デトロイト・タイガースの打撃不振ばかりが目立つ試合で,結局,サンフランシスコ・ジャイアンツが3連勝した。

7回 に入るところで,"Take me to the ball game" の合唱の前に,女性歌手による God bless Americaが場内に響きわたった。選手,観客は立ち上がり,ちょうど,アメリカ国歌が演奏されるような雰囲気であった。

筆者はこれまで,God bless America の何たるやを全く知らなかった。アメリカ国歌につぐ 第2のアメリカ国歌であるくらいにしか考えていなかった。重要な出来事において,アメリカ 国歌に寄り添うようにGod bless America が 歌われるのを耳にした。

”9.11” の時も,惨劇に打ちひしがれたアメリカ国民を鼓舞するように God bless America が繰り返し歌われていた。大統領就任式でも,スーパーボウルの始まる前のセレモニーでも,God bless America が歌われる。CDにも様々な歌手によって録音されている。Google の YouTube では, セリーヌ・ディオンが歌う声と姿 などを見ることができる。

God bless America についての筆者の知識はつい3日前までは,この程度であった。

***

話が急に変わるが,NHKラジオ第2の文化番組を愛聴している。例えば, カルチャーラジオ (月-日,20:30-21:00) は素晴らしい。

10月26日(金曜日,20:30-21:00)のカルチャーラジオで,村尾陸男さん(ジャズピアニスト・ボーカリスト)が「ジャズ・スタンダード曲を味わう」のシリーズのなかで,

『大衆的な音楽への嗅覚 ~ 亡命ユダヤ人音楽家 I 』

と題して,30分話をされた。村尾さんの話の趣旨は以下の通りである。

どこに行っても差別が追いかけてくるユダヤ系の人々は,望みを託して移り住んだアメリカでも当初,差別に苦しんでいた。アービング・バーリン(1888-1989)もその中の一人である。

アメリカの地でしだいに心の平安を得たアービング・バーリンが,ユダヤ系移民に対する神の加護に感謝するために,1918年に作詞・作曲した曲が God bless America である。これ以後,多くのユダヤ系移民が,ジャズを含めて大衆的な音楽の世界で活躍,成功を収めた。

ちなみに,アービング・バーリンはその生涯に3000曲以上の作品を作詞・作曲し,とくに,1942年に作詞・作曲したWhite Christmas は世界の大ヒットとなり,その著作権収入で一生困らないほどの財を築いたという。
by yojiarata | 2012-10-28 23:00 | Comments(0)

メタンハイドレートの200年



ありとあらゆるエネルギー資源を求めて,世界中で広範な調査研究が行われている。たびたび報道されるメタンハイドレートもその一つである。例えば,今日の朝日新聞の朝刊・経済面に,

メタンハイドレートとは “メタンと水が結晶化した氷状の物質” である。

と書かれている。これでは何のことかわからない。ポイントは次の2点。

1)メタンは,気体になると体積が膨大になるため,運搬が困難になる。

2)メタンを狭い空間に閉じ込めることができれば,エネルギー源として実用化の可能性がある。

メタンハイドレートは,まさにこの条件を満たしている。深海の低温,高圧の条件で,水分子のかごの中にメタン分子がギュウギュウに詰め込まれるのである。

メタンハイドレートは,化学の世界では,200年も前から知られている “クラスレート” の仲間である。クラスレートとは,通常の化学結合をすることなく形成される化合物である。ラテン語のclathratus (かごに閉じ込める)にちなんで,clathrates (クラスレート)と命名された。

19世紀の初頭,イギリス化学界の重鎮・Humphry Davy は,当時は謎であった”塩素が作る黄色の美しい結晶” の実態を究めるよう,彼の実験助手であったMichael Faraday に命じた。13年が経過した1823年,ファラデーは,“塩素の結晶” は,実際には,塩素単体の結晶ではなく,塩素と水から成る複合体の結晶であると結論した。

それから100年以上が経過した1952年,ライナス・ポーリングは X線結晶解析によって,水分子が作る正12面体のかごの中に,塩素分子が取り込まれたクラスレートであることを明らかにした。

関集三先生(大阪大学名誉教授)はポーリングの自宅に招かれた際,居間に塩素ハイドレートの模型が天井からぶら下がっていたと話しておられた。

200年の歴史をもつクラスレートについては,例えば,拙書『水の書』(共立出版,第3章,水と化学,1998)を見ていただくと,壮大で美しい水と化学の世界が拡がっていることが理解できよう。

図 の上段,左に,メタンハイドレートの水分子のかごをかたちを示す。かごは,20個の水分子をそれぞれの頂点にもつ正12面体で,12個の正5角形から成り立っている。

a0181566_1432488.jpg



これまでに行われた実験の結果,このほかに,実にさまざまな低分子を取り込むハイドレートの存在が知られている。図には,正14面体,正15面体,正16面体が描かれている。いずれの場合も,正12面体のメタンハイドレートの場合と同様,正5角形の面から成る。これらのかごには,本来ならば水に馴染まない低分子化合物が取り込まれる。アルゴン,クリプトン,キセノン,酸素,窒素,臭素,二酸化炭素,硫化水素,炭化水素,エーテル,メルカプタン,ケトン,アルコール,アミン,ジオキサンなどである。

かごに取り込まれる”ゲスト分子”は大きすぎても,小さすぎてもいけない。炭化水素ならブタンが上限,ペンタンより大きいとハイドレートは形成されない。また,水素,ヘリウム,ネオンなどは小さすぎてかごに収まらない。かごから漏れてしまうのである。


エネルギー源としてのメタンハイドレート利用の可能性,その現状と将来,今後の問題点については,今日の新聞に詳しく書かれている。
by yojiarata | 2012-10-27 22:30 | Comments(0)

夢去りぬ



やはり夢だった。

中日―巨人のクライマックスシリーズが終わった。

この勝負,落合・前監督を含めて,大方の評論家は,中日が勝つことなどありえないと公言されていた。

ところがいざ始まってみると,優勝チームに与えられるアドバンテージの1勝をもっている余裕の巨人を,中日は3勝1敗と追い詰めた。 ”もしかして” と思った人は,筆者を含めて少なからずいたと思う。

しかし,ここから3連敗。中日の “もしかして” が現実のものになることはなかった。

ベンチの高木監督は,変わらぬ表情で最初から最後まで静かに座っていた。今にして思うと,彼はベンチで夢を見ていたのではなかろうか。

最終戦,先発は伊藤だった。仮に大野だったらどうだったのだろうか。事実,大野はゲーム最終盤に登板して好投した。しかし,スポーツを含めて,歴史に ”もしか” はない。

ともあれ,”大方の予想通り”,夢は夢に終わった。
by yojiarata | 2012-10-23 16:30 | Comments(0)

背中の志ん生



昭和36年,五代目古今亭志ん生さんは,読売巨人軍の優勝祝賀パーティーに招かれ,落語を披露した。

ところが,出席者たちは,志ん生さんの落語などそっちのけで飲めや歌えの大騒ぎ。「猫に小判」とはこのことである。

怒り狂った志ん生さんは,頭に血が上り,脳溢血で倒れた。

昭和30年から昭和36年は,五代目古今亭志ん生さんの話芸が冴えわたっていた時期である。次々に録音された三遊亭圓朝の作品は,歴史に残る文化遺産である。

その志ん生さんが倒れた。筆者は,もともとこの金持ち球団に違和感をもっていたが,この出来事を境にして,はっきり嫌いになった。

倒れた志ん生さんの介護をしたのは,一番弟子の古今亭円菊さんである。筆者は,円菊さんの高座を一度だけ,紀伊国屋ホールで聴いたことがある。他に例のない不思議な雰囲気の噺家だったと記憶している。ボランティア活動も積極的で,刑務所などをまわって受刑者を励ましていたという。

円菊さんは,体重60キロの志ん生さんを背負って面倒を見続けた

その円菊さんが,先週,多臓器不全のため亡くなった。享年84。合掌。
by yojiarata | 2012-10-23 16:25 | Comments(0)

第11代目金原亭馬生



10月2日NHKラジオ深夜便の[ミッドナイトトーク:私のグルメ考]に落語家 11代目金原亭馬生が登場した。

11代目は,10代目金原亭馬生に弟子入りした。10代目の馬生は,五代目古今亭志ん生の長男,次男は古今亭志ん朝。二人の息子はともに早世したのが惜しまれる。

五代目古今亭志ん生(享年83)
長男 10代目金原亭馬生(享年54)
次男 古今亭志ん朝(享年63)


11代目金原亭馬生の話に目が覚めた。三遊亭圓朝作品に挑戦していくという。

圓朝命日(8月11日)全生庵で谷中圓朝まつりが開かれる。その前の週 2部に分かれた奉納落語で,11代目は,今年は,『塩原多助一代記』を演じたとのことである。

志ん生さんは,昭和30年代の前半から,病に倒れる昭和36(1961)年暮れ」までの間,三遊亭圓朝(1839-1900)の作品を中心に,人情噺に積極的に挑戦している。

三遊亭圓朝は,新しい落語をつぎつぎに創作し,その ”速記本” が当時の新聞に連載されて大変な人気を博していた。そのなかで,『怪談牡丹(ぼたん)燈籠(どうろう)』(牡丹燈籠),『指物師(さしものし)名人長二』(名人長二),『安(あん)中(草三(なかそうざ)(をくれ)開榛名(ざきはるなの)梅香(うめがか』(安中草三牢破り),『鶴殺疾刃(つるころしねたばの)包丁(ほうちょう)』(御家安(ごけやす)とその妹),『塩原多助一代記』,『鰍沢(かじかざわ)』,『心中(しんじゅう)時雨傘(しぐれがさ)』,『怪談阿三(おさん)の森』,『文七(ぶんしち)元結(もっとい)』などを演じた志ん生さんの口演がCD(制作ニッポン放送,ポニーキャニオン)として残されている。圓朝の台本の題と,志ん生さんの録音の演題が異なる場合には,( )のなかにCD版に記された演題を記入した。人情噺に分類されるこれら一連の圓朝作品の録音は,志ん生さんが晩年に到達した話術の高い境地を後世に遺す貴重な文化遺産である。お父さんはテレビを見るほかは,よく本を読んでた。それも落語に関するものが多かったわね。昔のボロボロになった本まで引っ張り出した目を通してましたよ。ずっと手放さなかったのは『圓朝全集』。 ・・・・・ いつも枕元に置いてたんです。

あるとき,馬生(第10代,筆者注)が『圓朝全集』をちょっと貸してくれって頼んだらしいの。そしたら貸すには貸すんだけど,馬生が読んでる間,ジーッと見てて,読み終わったらひったくるようにして取り上げたんですって。それくらい大事にしてたし,息子とはいえ馬生にさえ噺家としてのライバル心もあったとおもうの。それもこれも,いつでも高座に上がれるようにという,お父さんの心づもりだったんです。

美濃部美津子『おしまいの噺』(アスペクト,2005,204-205ページ)(美濃部美津子さんは志ん生さんの長女,元ニッポン放送勤務)

志ん生さんは,人情噺といっても,圓朝作品なら何でも取り上げたわけではない。凄惨な人殺しの場面が延々と続く 『真景累ヶ淵』,また 『怪談牡丹燈籠』 でも,植木屋・伴蔵(ともぞう)が女房のおみねを殺す場面が入ったいる 栗橋宿の場以降,ほかに,師匠の絵師殺しの場面を含む 『怪談乳房榎』 も,少なくとも私の知る限り,録音を残していない。

圓朝作品の録音をまとめて残しているのは,六代目三遊亭圓生さんである。志ん生さんとの差は,収録作品の数が志ん生さんに比べてはるかに少ないこと,志ん生さんが意図的に避けた凄惨な場面を積極的に取り上げた点である。


【付記】

五代目古今亭志ん生さんについては,このブログの中で詳しく述べましたのでご覧ください。

古今亭志ん生さん 語りの藝術


【付記2】

番組を聞き始めて非常に気になったのは,アンカーをつとめた女性アナウンサーが,

「本日は,本来なら出演するはずの ”O女史” が都合が悪くなったので,代わりに,第11代金原亭馬生さんにお願いしました。」

と繰り返した。あなたは代役ですと明言するのは大変失礼である。少なくとも私だったら,非常に気を悪くするであろう。

誰かに注意されたのか,番組の後半では代役であるとの点に一言も触れなかった。
by yojiarata | 2012-10-05 19:00 | Comments(0)

日本ハムの親分



日本ハムを日本ハム球団に仕上げた。

1976年から1983年まで監督を務め,1981年には19年ぶりのリーグ優勝を果たした。

1994年は最下位に終わり,最終戦で試合後ピッチャーマウンドに和服の正装,正座して深々と頭を下げ,ファンに謝った光景は忘れがたい。

その人の名は,大沢 啓二(1932年3月14日 - 2010年10月7日,享年78)。

親分の遺志をついで,日本シリーズを制してほしい。
by yojiarata | 2012-10-05 15:19 | Comments(0)