<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カナダ・トロントへの道 Ⅰ


今回の『専門家に聞く』は,伊倉光彦博士にお願いしました。

伊倉光彦博士の略歴 1986年,北海道大学理学博士。88-91年,米国国立衛生研究所(NIH)客員研究員,91年,トロント大学・助教授およびオンタリオ癌研究所主任研究員,96年正教授。この間,米国ハワードヒューズ医学研究所(HHMI)国際研究員,カナダ医学研究機構(CIHR)上級研究員,カナダ政府研究教授号(現在)などを受賞。
現在,トロント大学医学部生物物理研究科教授,オンタリオ癌研究所細胞情報伝達研究部門長。専門分野:細胞情報伝達と構造生物学。


第Ⅰ話 National Institutes of Health におけるポスドク生活

荒田

伊倉さんは,北海道大学理学部の引地邦男先生の助手をされてあと,アメリカNIHに武者修行にいかれたと理解していますが,その時点で,日本ではなく,北米大陸で研究室をもって仕事をしたいと考えておられたのでしょうか。

伊倉

北大を出ましたのが1988年ですので,北米に移住してから24年目をなります。早いものです。

家族とともに渡米したときに,こちらで「骨を埋めよう」と考えていたかと聞かれますと,返答にちょっと困ってしまうのですが,「絶対北米でやりぬくぞ!」とも思っていませんでしたし,「いずれ日本に帰えろう」とも思ってもいませんでした。どちらでもいいと思っていたのが正直なところです。

一番大切に思っていたのは,「自分のやりたいことができるところへ行く」ということでした。そして,「いずれは自分の研究室を持ちたい」と思っていました。その場所が日本だろうが,地球の裏側だろうが,どちらでもいいとも思っていました。

ポスドク先をNIHを選んだのも同じような考えからでした。荒田先生もご存知のように,当時のNIHのNIDDKのChemical Physics部門はきわめて魅力的な研究場所でした。Ad Baxがコロラド大から移って,Marius CloreとAngela GronenbornがMaxPlanckから移ってきたところでした。あそこへ行けば,当時私が学びたかった二次元NMRでの蛋白質の構造解析ができる,と確信しておりました。今ではルーチンで皆さんができるようになりましたが,当時は「本当にできるの?」という感じでした。

幸いBax先生へ手紙を出して2週間後にオファーを頂きました。当時はすべて航空便でのやり取りでしたので,それを考えると驚くべき即断即決だったと思います。のちに彼と働くようになり,その人柄を知ってなるほどと思いました。すなわち,サイエンスは競争,スピードがすべてという感覚をBax博士から教わりました。

話を戻しますが,当時はまだ(いまでもでしょうか?),留学というイメージが短期のもの(2-3年)が普通という感覚があったと思いますが,少なくとも私は期限は決めていませんでした。早く自分の研究室が持てるレベルまで成長したいと思っていました。特に英語力,いい論文を書く能力,国際的な場所で誰とでもコミュニケーションができる能力を身に着けることを心がけていました。
それには英語の会話力と執筆力が必須です。いまでもまだまだ満足できるものとはいえませんが,人の言うことがほぼ90パーセント以上わかって,自分の言いたいことを何とか言えるようになるまでに,4-5年は必要だったように思います。10年を超えると,幼稚さはまだ残りますが,それなりに自分の英語ができてきます。20年経った今はあきらめもありますが,英語で聞いたり話したりすることに不自由はありませんし,むしろ英語の方がすっきりと言えるといえるので楽な感じさえします。それでも語彙を増やす努力は今でも心がけています。いい単語や表現を聞いたり読んだりすると,メモを取っています。

荒田

NIHは,大学とは違った雰囲気の場所でしょうか。教育の義務のほかは,大学と変わりがないのですか。NIHの研究レベルはきわめて高いと理解していますが,研究費との関連はどうですか。

NIHの頃から,北米永住を考えておられたのでしょうか。NIHのあとは,どのような進路をとられたのですか。

伊倉

当時NIHは生命科学を志す研究者にとっては素晴らしい研究場所でした。今でもそうだと思います。

何がいいか?ということですが,研究者数千人を抱える大組織であるにもかかわらず,一本筋が通っているところがあります。一言でいうと「研究第一主義」とでもいうのでしょうか?究極的に考えると研究者が運営しているからではないでしょうか?もちろん,NIHにも官僚的なビュロクラシーはあります。それで頭を痛めている科学者の話も聞きます。ただ本質的なとこと,本当に大事な決定は科学者がそれを決めていると思います。ですから,あの自由で気高い雰囲気が存在するのだと思います。

サポート体制もよかったと思います。今で言うITサポートも進んでいました。当時からコンピュータセンターの専門家が我々の研究室に来てサーバーを保守してくれていました。ご存知のように,私の研究はNMRという大型の機械を使うのですが,それを直したり細工したりする技術者が研究室にはいました。日本では考えられなかったことです。

自由な環境と研究サポート,これらはいわゆるインフラストラクチャーですが,それが素晴らしかった。ただそれだけではだめです。人です。やはり優れた研究者がたくさんいました。そして,自由な議論や共同研究が日常茶飯事的にありました。研究室間の壁がない世界が少なくとも私のいたところにはありました。幸運だったのかもしれませんが。

次に研究費のことに話を移します。NIHの研究費は内部グラントでまかなわれるので,外部の研究者(大学など)とは直接グラント争いはしません。申請書も数ページのもので簡単だったように記憶しています。私のボスBax博士は倹約家でした。必要以上にグラント申請しませんでした。試薬を大量に買い置きすることもありませんでしたし,機械も古いものを直しながら長く使うタイプでした。ただ,最先端の装置が市場に出て,それによって研究が革新的に進むと考えたときは,大型の予算を申請しました。普段が倹約家の人ですから,彼がこれが必要というと大概了承されました。NIHの研究者がBax博士のような人ばかりだとは思いませんが。



つづく

by yojiarata | 2011-08-02 15:55 | Comments(0)

カナダ・トロントへの道 Ⅱ


第Ⅱ話 トロント大学,オンタリオ癌研究所で研究室を持つ

荒田

研究室を移り,新しい研究室を立ち上げる経験をされている間,いろいろと苦労があったと思いますが。

伊倉

NIHで3年8ヶ月のポスドク生活を終えて,トロント大学,オンタリオ癌研究所に職を得ました。自分の研究室を立ち上げる日が来ました。

最初の数年はとにかく必死で研究室の立ち上げに没頭しました。研究室を立ち上げるとき,まずなさねばならぬことはショッピングです。空っぽの研究室を機能するものにせねばなりません。これには1年以上かかったと思います。NaClなどの試薬から一つずつ集めていかねばなりません。膨大なリストです。それに,大型機械の購入にはそれなりのプロセスがあり,簡単にあれがほしいから注文して,という具合にはいきません。日本でも同様とは思いますが,公開入札等の手続きを経て厳粛に選定せねばなりません。こういう事務手続きなどに使わねばならない時間が,若い私には無駄に思えて,ストレスがありました。

幸い数人の優秀なポスドクが参加してくれたことは私にとっては幸運でした。それから信頼できるテクニシャンがいたことも大きかったと思います。私は恵まれていました。ただ,そんな中でもいろいろと人の問題は起こりました。細かくは書きませんが,始めて研究室の長になり,人を雇う立場に立って始めて経験する悩みです。人間関係がうまくいかない場合も生じます。一人で他の人に悪影響を与える人がいると,研究室全体がおかしくなります。そういう人の問題は誰しもが経験することですが,私が最初に直面したときは大いに悩みました。

今ではできるだけそういう状況に陥らないように,リクルートに細心の注意を払っています。

荒田

その間,次々に大きな業績を挙げられ,自らの分野を開拓し,現在の地位に上られたわけですが,今振り返ってみた,そのための条件は何だったのでしょうか。

論文の数,投稿先,研究費の獲得,そのための人脈など,色々だと思いますが。仕事がすすめば,研究費が集まり,よいポスドクが研究室にきてくれるという図式は,つねに正しいですか。研究室を運営するに当たって,苦労された点は?

日本人であるが故の苦労もあったのでしょうか。

伊倉

私の二十数年を振り返って考えて見ますと,まず第一にいえることは,「前進あるのみ。」ということです。自分のやりたいことに向かって前に進む,これだけです。

具体的には,テーマ探索はPI(Principle Investigator)にとって大事な作業ですが,これには最新の情報収集が大事だと思います。すなわち,自分のアンテナをできるだけ研ぎ澄ましておくことです。それから,国際的な学会やシンポジウムなどで情報を持っていそうな人とできるだけ接することです。プライベートな時間を共有することは,情報の鮮度,議論の深さなどに大いなる貢献をもたらします。また,世界中のいろんな研究者と知り合えることは,研究者に与えられたこの上ない特権です。それを生かさないのはあまりにももったいないことだと思います。

研究の進路というのは面白いもので,いろんなことが左右すると思います。私の場合,おもいつきがかなり重要な部分を占めます。散歩をしていたり,車を運転していたりしたときに,ぱっとひらめくということがあります。時々忘れてしまうこともありますが,そういうアイデアをテーマ化することがあります。ひらめいたあと,直接担当のポスドクにすっ飛んでいって,そのアイデアを渡すということもあります。

最後に,もう一つ付け加えると,最近では研究の進路を考えるとき,社会的責任を考えるようになったことです。私は癌研究所に二十数年います。当初は癌研究などということは直接考えていませんでした。蛋白質の構造を解き明かせばいずれは薬の開発などに利用できる,というような大雑把な考えぐらいでした。それでグラントが取れればいい,というぐらいにしか感がえていませんでした。

しかし今は違います。社会的責任を強く感じています。もっと積極的に癌研究に貢献できるテーマを残りの研究生活でやっていきたいと考えています。そのために意識的に研究所内部での共同研究の促進にここ数年ますます力を入れています。今まで経験したことのない充足感を得ています。それは,もしかしたら今自分がやっている研究の先には癌患者を救える道があるのではないかと思えるようになってきたことです。まだまだがん治療への貢献となると,先は長いのですが,「前進あるのみ」の気構えで努力していきたいと思っています。

あれから三十数年の後,ようやく何かができそうだ,と思えるようになってきましたが,まだまだ先は長いように思われます。前進あるのみです。

荒田

一つうかがいたいことがあります。伊倉さんは,ポスドク3年余りで,ご自分の研究室をもたれたのですが,優秀な人なら,現在でも,このように出世が早い状態は変わっていませんか。

とくに日本では,ポスドク制度そのものが機能していなくて,50歳近くになってもポスドクに近い身分で留まっている研究者が少なくないという,深刻な事態に陥っているのですが,・・・・・

伊倉

私が日本に居りました80年代には日本にはポスドク制度がありませんでした。当時博士号を取ったあと研究室に残って実験を続けている人たちをオーバードクターと呼んでいました。そういう状況からくらべれば,日本にもポスドク制度が導入されたことは歓迎すべきだと思います。

ポスドクという時期が研究者にとってかけがえのない重要な時期だと考えています。大学スタッフがやらされる雑用もなく,学生のように授業を履修する必要もなく,自分の研究に没頭できる研究者にとってはきわめて貴重な一時期です。それを生かすも殺すも本人しだいではないでしょうか?

50歳になってもまだポスドクというのはちょっと異常だと思います。自分の研究室を持つ気構えで本気でやれば3年から5年程度で,業績,能力,それに経験という観点からは独立できる力を備えられるはずです。私は現在大学と研究所の運営にも携わっているので,若い助教授を採用するための委員会のメンバーをさせられています。最近ではこちらでもポジションを取る前のポスドクの期間が平均的に長くなってきているという現状があります。それは,ポスドクの数に対して,助教授などのポジションの数が圧倒的に少ないという現実があるからです。これは科学技術予算の問題と密接に関係しますが,ここでは触れません。そういう委員会で,若くて優秀で元気のあるポスドクに出会います。光っている人は目が違います。本当に自分の研究を楽しんでいて,それに没頭している様子がうかがえるからです。そんな研究者でいたいものだと,私自身思います。

まとめますと,日本のポスドク制度は応援します。若い人たちには,その制度を生かして,自分を向上させる努力を日夜してほしいと思います。ポスドクほど貴重な時間はありません。それを生かしてほしいのです。また日本にこだわらず,海外へポスドクとして羽ばたいていくこともぜひとも一考してほしいともいます。一回だけの人生です。悔いのないように自分の道を自分で切り開いていってほしいと思います。


つづく

by yojiarata | 2011-08-02 15:50 | Comments(0)

カナダ・トロントへの道 Ⅲ


第Ⅲ話 若い日本人研究者に望む

荒田

最近になって,多くの重鎮から,もっと日本人が欧米に進出すべきだとの声が上がっています。

私も全くそのとおりだと思いますが,伊倉さんのこれまでの経験からいって,後輩へのメッセージをいただければ幸いです。大変な部分,当惑した部分のご苦労を含めて,どのような覚悟をもって,ことにあたるべきかを聞かせていただければ幸いです。

その一方で,今の若手研究者には,粘りに粘って研究を積み上げるというよりは,さっと仕事をして,有力国際誌に投稿しようとする,謂わばファッションのような傾向があるのですが,欧米諸国でも,事態は似ているのでしょうか。

伊倉

若い日本人研究者がもっと海外へ進出すべきだという意見にはまったく同感です。

国際会議の場で,もっと日本の研究者,特に若い人たちが発表したり,議論に参加して意見を言う光景があって不思議ではないと思うのです。それだけ,日本の研究者はレベルの高さ,質の良さを持っているからです。

ただ,何かがたりない?私も含めてですが,日本人研究者が共有する壁はやはり「英語力」です。これは日本ばかりでなく,アジア系の研究者に共通した課題です。ここで,「英語力」と簡単に言語の問題のようにいいましたが,もう少し根は深いところにあるように思います。もちろん最終的には言葉にせねば人に伝わらないわけですから,英語ができるか,できないかが問われます。しかし,アジア系研究者の抱える本質的問題は,論理性の構築にあります。論文を書く際にこれは顕著に現れます。書くことは,すなわち考えることです。この作業を行うとき,明らかに英語を母国語とする研究者とアジア系の研究者には,プロとアマの差が見られるのです。もちろん,これは平均値の問題で,アメリカ人にもひどい書き手はいますし,日本人にも顕著に優れた書き手はいます。私が指摘するのは,グループ全体の平均値にあまりにも差があることです。

これは何からきているのかと考えることがあります。「文化」という言葉では片付けられないのでしょうが,やはり日本の場合,白黒をあまりはっきりさせないというか,いいものをいい,悪いものを悪いということを良しとしない風土が存在します。これには,農耕民族として二千年以上もの間小グループ(すなわち村)の中で助け合い,鎌倉時代からは七百年近い封建制の中でただただ自分の所属する団体への忠誠心を第一とする風土を培ってきたわけです。これは歴然とした事実として我々のDNAの中にインプリントされているように思うのです。それが邪魔をして,はっきりとものを言えない,ということもあるように思うのです。

一方,アメリカを始めとして英語を母国語とする社会では,人間平等,勧善懲悪,効率第一,などなどという文化が前提にあります。それから,これも大変重要だと思うのですが,初等教育から高等教育まで一貫して,自由な発想と自由な意見交換を小さいときから子供にたたきこんでいます。自分の意見をレポートにして提出したり,課題研究などで直ぐにレポートにまとめさせるなど,小さいときから,自分がどうものを見て,どう考えるかを徹底的に訓練します。おのずと論理性にも磨きがかかりますし,書くことがうまくなります。すなわち,論理的に考えることが上達します。

まだまだ他に理由は探せるとは思われますが,とにかく日本人は以上の問題をすべて含んだ意味での「英語力」というか「言語力」について,英語を母国語とする研究者とくらべて劣っています。

ではどうすればいいのか?答えは一つです。努力あるのみです。それも生半可な努力ではだめです。もし,あなたが大学院を出て,これからこの努力を始めようをするなら,本当に死にものぐるいでやらねばダメです。私もそうですが,二十代後半から英語を真剣に勉強しよういうのは遅すぎるからです。できることなら,十代でこのことに気がついてもっと「英語力」をつけていけばよかったと思っても,後の祭りです。早くやれば早くやるの越したことはありません。十代でちゃんと英語を勉強すれば,もっと言うと,そういう環境に自分をおくことができれば,発音も違ってきますし,英語で考える能力もしっかりと脳にインプリントされることでしょう。

ただ,三十近いからといってあきらめてはダメです。何とかなります。私がやっています。もし,留学する機会をもたれたら,ぜひとも積極的に自分を英語社会にどっぷりと浸らす努力をしてください。できるだけ日本語を話さない努力も一時的には必要です。3年が勝負でしょう。もしこれができれば,かなり相手が理解できるようになるでしょう。自分の言いたいことが言えないまでも,相手の言っていること,考えていることがわかることは第一条件です。会話はそこから始まります。次になんとか自分の言いたいことを言えるようにせねばなりません。それには,日本語で思ったことを英語に訳して口から発音するというような作業は役に立ちません。英語で言われたことには,英語で考えて,英語で話すことが必要です。当たり前のことですが。さまざまな英語表現を習得し,その中でどれが一番自分の言いたいことに近いか?を探してみてください。それを瞬時に判断して口から出せれば,会話になります。英語で話したり,書いたりするためには,まず彼らの話し方,書き方を学び,その中で自分好みの話し方,書き方を見つけることが寛容です。

あまり答えにはなっていないかも知れませんが,「英語力」の大切さを指摘したかったので,紙面を割いてしまいました。

荒田

私は,伊倉さんのおっしゃっていることに100%賛成です。“若者よ,伊倉先輩に続け”と鼓舞したいと思います。

私は以前,岩波ジュニア新書『自分をつたえる』(2002)を執筆したとき,伊倉さんと同じ趣旨のことを書きました。こちらも読んでほしいと思います。


つづく

by yojiarata | 2011-08-02 15:45 | Comments(0)

カナダ・トロントへの道 Ⅳ


第Ⅳ話 日本のサイエンス,世界のサイエンス

荒田

日本のサイエンスは,世界的なレベルを念頭に置いて,今後どのように発展すべきかを,先達としての伊倉さんのコメントを是非うかがいたいのですが。

伊倉

答えるのが難しいご質問ですね。また私が先達とは思っていませんし,先生のように日本の科学界と精通しているわけでもないので,日本の科学が今後どう進むべきかを問われると,少々困ってしまいます。答えになるかどうかはわかりませんが,外から見たときの私見を述べさせていただきます。

まず,日本の科学が遅れているとか,世界的なレベルに達していないとは私は思いません。むしろ,分野によっては世界をリードしてきた研究も数多く出ています。今騒がれている肝細胞技術もその一つだと思います。

ただ何が欠けているか,何が足りないかと聞かれれば考えるところがあります。問題は何層にも及ぶので,ここでは大きな問題と思われるものだけを話します。

まず,研究者のレベルでは,前の質問でもお答えしたように,国際的な場所(国際会議とか様々なコンファレンス)で,日本人研究者が自由に自分の考えやアイデアを相手にわかるように説得力を持って話せるような時代が来なければなりません。北米やヨーロッパの研究者の輪の中に入って,活発な議論ができる日本人,さらにはアジア人が益々求められます。いい頭は持っていても,やはりコミュニケーションができなければ何にもなりません。若い人の中に,日本の学会で英語発表を敬遠する雰囲気があることを以前に聞きました。これでは先が思いやれます。こういう機会は自分を磨くいい経験と思って積極的に参加するような気概のある若者がもっと出てきてほしいと思います。若い人ばかりでなく,ポジションを持っている中高年の研究者の英語での学会発表があまりにもひどいことに嘆かざるをえません。中には何が言いたいのかまったくわからないような発表を耳にすることもあります。これでは他の国の研究者からバカにされます。以前私の知り合いのカナダの某大学のS教授が,日本人,中国人,韓国人などのアジア人研究者と話すとき,一番真意がわからないのが日本人だと言ったのを聞いたときは,私もさすがに落胆しました。これは研究者に限った問題ではないと思います。ビジネスの世界やおそらく芸術などの世界でも存在するのではないでしょうか?すなわち,初等,高等教育の問題としてとらえねばならにと思います。

次に大学レベルでの問題に触れます。日本の大学教授をしている多くの友人に聞くと,とにかく会議が多いと聞きます。また,事務的仕事が常に回ってきて,それに膨大な時間を割かれるとも聞きます。予算の運営方法についても様々な規制があり,それが研究促進の足かせになっているケースもあると聞きます。年度の予算は年度内にすべて償却しないとダメというようなきまりは,その典型でしょうね。こちらではグラントの期間(3年とか5年)の間で年度ごとの繰越し使いすぎは認められています。

大学の運営については様々な問題がると思います。新しい分野の研究者獲得のためのリクルートにおいても,時代錯誤的な運営方法がまだ行われていると聞きます。こんなことをしていて,世界の著名大学(たとえばHarvard,Sanford,Yaleなど)とどうやって競争できるのかと思います。大学研究者の評価についても,同じことが言えます。終身雇用が当然だった時代の悪影響を今も背負って,無駄にポジションが使われている大学は研究所があるのではないでしょうか?世界的マーケットの中での優秀な大学院生獲得に関しても,日本はまだまだ出遅れています。こういう様々な問題に対する対応を行わないでいると,いずれは日本のトップレベルの大学でも,中国や韓国の大学に世界ランキングで抜かれてしまうのではないでしょうか?


つづく

by yojiarata | 2011-08-02 15:40 | Comments(0)

カナダ・トロントへの道 Ⅴ



第Ⅴ話 研究費を統括,配分する組織

荒田

最後に,大学組織や研究費を統括する国の組織,文部科学省の問題について,コメントいただけませんか。

伊倉

科学技術予算をいかに効率よく効果的に研究者に配分するかは大きな問題です。これはどの国でもそれぞれ抱えている課題でいろいろな方法が試されています。

ここでは,研究費予算のうち,競争的研究費についてのみ議論します。それ以外の,大学や学部の新設,研究所・研究センター新設などインフラ予算については国家レベルでの戦略的なプランに基ずくべきものであることだけを記して,議論しません。

研究者から出されるグラント申請書をいかに評価すべきかという問題は,研究者にとって一番興味深い問題です。日本における問題点は,ピアレビューの精神が欠けていること,「コンフリクト・オブ・インタラスト」の概念が審査員を引き受ける人たちに欠如していることが問題としてあります。このことは,私のブログ(カナダ・エクスプレス)で以前扱いましたので,興味のある方はそちら(カテゴリー:サイエンス)をご覧ください。要するに日本の場合,グラントを公正に公平に評価するシステムが不完全であるという問題です。さらに言うならば,文科省の官僚の個人的利得の道具として,科学者が利用されたり,研究費の運用が利用されたりする例が存在する事実があります。

これらの問題は,荒田先生が大変お詳しいので,できましたらこの後は先生の方から,説明を加えていただければ幸いです。

文科省レベルの問題点と大学レベルの問題点は,システムの問題です。すなわち,社会全体の問題であり,日本の文化の中で培われてきた「常識」とか「慣例」というようなものと密接に関連していますので,簡単に変えられるものではないかもしれません。もっと言うと,これは広い意味での「日本人の心」の問題です。個人ではなく全体としての日本人の考え方の問題です。これを変えるには時間がかかることでしょう。また,すべてを欧米化するというのもナンセンスだと私は考えています。日本人独特の素晴らしい思想や考え方は残して,しかも国際的に通用するシステムの構築が肝心です。正義,公正,平等の精神に基づいていて,しかも日本らしいシステム,そんなものができればいいなあと勝手に考えています。

荒田

私の方から付け加えるとしたら,かなりのエネルギーを投じて執筆した荒田洋治『日本の科学行政を問う 総合科学技術会議と官僚』(薬事日報社,2010)を読んでいただきたいと願っています。

熾烈な研究の競争の中で,寸刻を惜しんで仕事をしておられる伊倉さんに,伊倉さんの後に続く若手の研究者を鼓舞していただくために,無理にご協力をお願いしました。伊倉さんのご理解とご協力に心から感謝したいと思います。




by yojiarata | 2011-08-02 15:35 | Comments(0)