シリアは今   ロシアを後ろ盾に, 北朝鮮, イランと共に,対アメリカ・蜘蛛の巣包囲網を張り巡らす 



ご隠居さん 何だかお怒りのようですね。一体どうしたの。

どうしたも,こうしたもありませんよ。安倍総理大臣が,大変な逆噴射したでしょう。


逆噴射と仰るのは,アメリカのシリアの軍事施設への艦砲射撃のことですか?

その通りです。君は,よくそんなに呑気に落ち着いていられるね。


***



アメリカは,サダム・フセインのイラクを,秘密兵器を大量に隠蔽しているといる理由で軍事進攻したよね。実際には,軍事兵器は見つからなかったけど,それ以後,アメリカはあちらこちらに土足で踏み込んで,オサマ・ビン・ラディンの殺害など,中近東の火薬庫化に大きく 貢献 したよね。

安倍総理大臣は,その頃も格好つけて,ぐしゃぐしゃ言っていたけれど,今度は全く違うよ。

アメリカの言い分では,シリア政府軍が,サリンだかなんだか明確でない,化学兵器を使って,子供を含む市民多数を殺戮したの理由で,シリア中心部を艦砲射撃したんだ。

安倍総理大臣は,中近東でアメリカが戦争していることを日本が支持すると,国際的に公言したんだからね。彼氏は,常に,尻尾を振ってアメリカについて行く経緯があったけど,今回は,これまでとは,事態が全く違うよ。

大げさに言えば,中近東の動乱の火の粉が日本に降りかかってくるかも知れないでしょう。アメリカの我々への攻撃を支持するということであれば,我々も,日本をテロの対象とするという論理になるんじゃないの。

彼の裸の王様は,どう考えておられるんだろうか。


ともかく,これは大変な事態だよ。


シリアは,ロシアの支援を受け,アメリカと対峙。そのシリアは,北朝鮮と何十年にわたる友好関係にあるんだ。知っていた? シリアは,これまたアメリカの天敵であるイラン(ヒズボラ)と結びついているからね。


2016年8月10日の外電によると,シリアと北朝鮮の外交関係設定50周年を記念する集会が,ピョンヤン市内で開かれ,対外文化連絡委員会の金貞淑(キム・ジョンスク)委員長と,タマム・スレイマン駐朝シリア大使らが参加したとあるよ。

その集会の演説で,金正恩氏は故金日成・正日両氏とシリアのハフェズ・アサド前大統領は 真の戦友 であったと指摘。その関係は金正恩党委員長とアサド現大統領に受け継がれていると述べたそうだよ。(朝鮮中央通信)


シリアは北朝鮮との友好関係を考慮し,韓国との国交を有していません。

新しい怖い動き

アメリカ軍は,4月13日,アフガニスタンで過激派組織「イスラム国」(IS)の地下施設を破壊するため,大規模爆風爆弾「モアブ」を使用したと発表したよ。非核兵器としては最大の破壊力を持つとされているんだけれど,実戦で使用されたのは今度が初めて。以前,イラク戦争のときに使用が計画されていたが,実際には使われなかったそうだよ。

ちなみに,「モアブ」は,Mother Of All Bombs に由来するんだそうだけど,人殺し兵器に,ヘンテコな名称をつけて遊ばないでほしいよ。悪趣味だね。

結果として何が起こったのか,怖くて聞けないよ。


このように,中近東の勢力地図は複雑怪奇で,事態は悪化の一途をたどっているよ。蜘蛛の巣のような,敵味方不明の網の中の取り込まれたら,わが日本の外交力 ではどうにもならないよ。

今週,10,11日,イタリア中部のルッカで開催された主要7か国(G7) 外相会合に,「最古参」として臨んだ岸田外相をテレビで見ている限り,彼氏の存在感の希薄さには情けなくなったよ。もっと堂々として,デンと座って存在していてほしいんだ。

だけど,4月12日の新聞には,

最古参 G7で存在感
岸田外相「リードできた」


と書いてあるよ。現場では,暴れまくったんだろうか?だけど,会議はメディアには非公開のはずだから,実際にはどうだった分かりません。


前に書いたブログをもう一度,読み直してちょうだい。
安倍内閣 2016年を総括する






終わりのない始まり






















by yojiarata | 2017-04-15 23:40 | Comments(0)
<< 川は流れる  花吹雪 と 川面... 防衛大臣閣下 教育勅語をむやみ... >>