いつか来た道 近づく足音



ご隠居さん 浮かない顔をしてるけど,何かあったの。

何かどころじゃありませんよ。2017年の3月11日から今週までの新聞記事をざっと拾ってみるよ。

はるか彼方から,確実に,何かが近づいている感じがしない?

ご隠居さん 私にも理解できるよう説明していただけませんか。


2016年の大晦日に総括記事 安倍内閣 2016年を総括する をこのブログに書いたでしょう。覚えている?

ここから先へ進む前に,この記事を読み返してほしいんだ。



今回のブログで注目したい問題点は四つあるよ。

● 南スーダンと防衛大臣

● 防衛大臣の資質 教育勅語

 森友学園 瑞穂の国・幼稚園

● 「共謀罪」関連議案


次に,要約を列記するから,読んで下さい。



***



● 3月11日
① 南スーダン 陸自撤収へ
PKO 部隊 5月末に
治安悪化 首相は「区切り」
「駆けつけ警護」付与の350人

② 緊迫 PKO 探った出口
首相 隊員死傷を懸念
「戦闘」日報 国会紛糾

③ 「派遣の破綻」野党批判
PKO 撤収「日報解明まだ」


● 3月13日
① 南スーダンに600万ドル
岸田外相,支援策を検討

② PKO5原則 守られたか
南スーダン陸自撤収の根拠,国会焦点に


● 3月14日
① 「戦闘」の前月に射撃音
南スーダン PKO 日報100日分を公開

② 防衛相と森友 疎遠?旧知?
稲田氏 「相談・裁判,行ったことない」
籠池氏 「以前は顧問弁護士」「昵懇に」

③ 南スーダン緊迫 克明
銃撃戦 30発以上発砲音
対戦車ヘリ 大統領府に
PKO 日報 日報の取り扱い 8月以降厳重に

④ 「昭恵氏は私人」答弁書
閣議決定


● 3月15日
① 稲田氏一転「出廷を確認」
答弁撤回して謝罪

② 「虚偽答弁」
稲田氏矢面
森友裁判出廷

③ 首相,続投させる考え
PKO 日報・教育勅語・・・問題発言度々
陸上自衛隊が参加する南スーダン国連平和維持活動(PKO)では,派遣部隊の日報をめぐる大臣報告が1ヵ月もかかり,省内を掌握していない状況が浮き彫りになった。日報にあった「戦闘」という記載への認識については「国会答弁では憲法9条上の問題になる言葉は使うべきではない」と述べ,批判された。

森友学園の幼稚園で教育勅語を素読させている問題でも,稲田氏は「教育勅語の精神は今も取り戻すべきだ」などの見解を表明。野党は不適切だと批判を強めた。・・・

④ 「共謀罪」21日閣議決定

⑤ 森友との関係 稲田氏らを追及
稲田氏は「記憶違い」「言い過ぎた」と苦しい説明に終始した
籠池氏から政治献金あるか
「07年のパーティー記憶ある」


● 3月16日
① 日報データ 陸自も保存
南スーダン 不開示決定後も
防衛相,調査の意向

② 揺れる稲田明美防衛相の説明

③ 稲田氏と森友 国会で追及
国会答弁迷走 答弁は信用を失い,大臣としての資質が疑われる異常事態となっている。
籠池氏と面会 主張食い違い 「ここ10年来疎遠」と強調

④ 首相夫人の支援研究
菅義偉官房長官は15日の記者会見で,「総理夫人の活動を政府としてどのように支えていくのか研究していきたい」と述べた。


● 3月17日
① 防衛省幹部の関与調査へ
日報 隠蔽の有無焦点

② 防衛相 問われる統制
PKO 日報問題 特別監察へ
稲田氏 調査主導を演出

③ 衆院憲法審 実質審議
緊急事態時の議員任期延長
自民,改憲へ布石狙う

④ 衆院憲法審査会
「共謀罪」副作用議論を 枝野氏(民進)


● 3月18日
① 日報発見後に非公表指示
防衛省が確認 幹部間で調整か

② 日報隠し誰が指示
防衛省,調査を開始
筆者注 大臣と官僚の絵図付き。防衛省官僚が,迷走する稲田氏に懸命に説明。稲田氏はフンフンと威張った様子で聞いている。力のない人物は,威張れば威張るほど,滑稽に見えるよ。】

③ 「共謀罪」法案 与党了承
4月中に審議入り目指す


● 3月21日(夕刊)
① 「共謀罪」法案 閣議決定
政府 今国会成立めざす

② いちからわかる 「教育勅語」って何?
明治天皇が示した根本理念。戦後,国会で排除・失効を確認
筆者注 分かりやすい説明だよ。手っ取り早く理解するのに役に立つよ。】


● 3月22日
① 法案閣議決定
「共謀罪」全面対決へ
与野党,会期末にらみ

② 「テロ」強調 本質変わらず
政府案文言無し 異例の追加


***




与党は,世論の批判を「限定的」と判断し,森友・日報問題をかわす戦術のようだね。新聞には,

● 3月28日
・・・・・ 野党の追及を正面から受け止めず,問題を「先送り」する戦術で逃げ切りを図る。

とあるよ。


___________________________________________________


こりゃ駄目だね。「昔,ヘンテコリンな ”騒ぎ” があったよね」でオシマイ。なにしろ,多数を占める与党のことだから,何でもできるんだ。情けないね。

今日のブログでは,書かなかったけれど,「共謀罪」などの言葉から,内務官僚をバックにして特高警察が我が物顔に跋扈した戦前の惨状が思い出されます。遠くから近づく足音は,この流れの音ですよ。

いずれまた,機会を見て続きを書きたいと思っています。





つづく






by yojiarata | 2017-03-28 22:31 | Comments(0)
<< 防衛大臣閣下 教育勅語をむやみ... 教育勅語 誰よりも君を愛す >>