教育勅語 誰よりも君を愛す



まず,次の文字列をご覧ください。


朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世々厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ敎育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ徳器ヲ成就シ進テ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重ジ國法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン
斯ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ
明治二十三年十月三十日
御名御璽




ご隠居さん これ一体何なの? 念仏 みたいだけど。

最初から意味不明ですね。この文章の主語は,察するところ, だけど,朕と名乗る人物は,一体誰なの?

私は子供の頃,耳に胼胝 たこ ができるほど聞いたけど,君は知らないだろうね。君のために,辞書を引いてみると,こう書いてあるよ。


ちん【朕】
天子の自称。古く中国では一般に「われ」の意に用いたが,秦の始皇帝に至って天子に限定して用いるようになった。
[岩波書店 広辞苑第六版]


この文章の 朕 は,明治天皇 (1852-1912)だよ。

冒頭に掲げた,君が,” お経のような文章 ” と言ったのは,明治23年(1890年)10月30日(発布)から,終戦後の昭和23年(1948年)6月19日(廃止)まで存在してこの世から消えた 敎育ニ關スル勅語(教育勅語)です。

消えたはずだったんだけど,いまだに,色んな状況の下で引き合いに出す輩がいるんだ。しかも政治の世界に持ち出されるで,私は甚く当惑しでいるんだ。これは重要だ,我々はここに盛られた趣旨をいつまでも大切に守るべき重要なものだと,ジャンジャン太鼓を叩くんだ。


だけど,この連中は,都合のよいところだけを抜き出して,しかも誰ともわからない人間が言っていることをそのままコピーしているだけなんだ。それが証拠に,教育勅語といえば,この部分,あの部分と決まったところだけを持ち出すでしょ。


教育勅語を持ち出す大勢の連中のなかに,勅語の全文を読んで,心底から理解した人物は,何人くらいいるんだろうか?



***



教育勅語については,様々な人々が,ここぞとばかり太鼓を叩いているよ。その一部。


● 
憲法や教育基本法に反しないように配慮をもって授業に活用するということは,これは一義的にはその学校の教育方針,教育内容に関するものでありますし,また,教師の皆さんに一定の裁量が認められるのは当然であろうかと思います。

憲法や教育基本法に反しないような配慮があって,教材として教育勅語を用いることは,そのことをもって問題とはしないという見解です。
松野博一・文科相
2017年3月14日記者会見
時事通信社


● 
国有地の売買が問題になっている森友学園では,園児に教育勅語を朗読させていたことも問題になった。教育勅語をめぐっては,その理念が「主権在君並びに神話的国体観に基いている」などとして1948年に国会で「排除」や「無効確認」の決議が行われている。

しかし,森友学園をめぐる国会審議では,稲田朋美防衛相が教育勅語の「核の部分」を「取り戻すべき」などと主張するなど,政治の世界では賛同者は多い。稲田氏がとりわけ強調したのは「道義国家」という言葉だが,これをさらに問題視する声もある。


● 
文科省の藤江陽子・大臣官房審議官も国会でこう述べている。

教育勅語を我が国の教育の唯一の根本理念として戦前のような形で学校教育に取り入れ指導するということであれば適当ではないというふうに考えますが,一方で,教育勅語の内容の中には,先ほど御指摘もありましたけれども, 夫婦相和し,あるいは,朋友相信じなど,今日でも通用するような普遍的な内容も含まれているところでございまして,こうした内容に着目して適切な配慮のもとに活用していくことは差し支えないものと考えております。
文科省 藤江陽子・大臣官房審議官
2017年2月23日 衆院予算委員会


● 
基本理念は「主権在君並びに神話的国体観に基いている」 2017年3月8日の参院予算委員会で
は,稲田氏が過去の雑誌の対談で

「教育勅語の精神を取り戻すべき」

などと発言していたことについて,社民党の福島瑞穂参院議員が「考えを変えたか,変えていないか」などと質したのに対して,

「教育勅語の核である,例えば道徳,それから日本が道義国家を目指すべきであるという,その核について,私は変えておりません」

「私は教育勅語の精神であるところの,日本が道義国家を目指すべきである,そして親孝行とか友達を大切にするとか,そういう核の部分ですね,そこは今も大切なものとして維持している」
「教育勅語に流れている核の部分,そこは取り戻すべきだと考えている」
などと「核の部分」「道義国家」といったキーワードを繰り返したと新聞は報じているよ。

防衛大臣閣下は,本当に勅語全文に目を通し,心底から理解しての発言だろうかね。私には,全くそうは見えないんだけど。

いいかい。次に,具体的に書くよ。


***



ご隠居さん いいですよ。だけど私にも理解できるようにお願いします。

了解しました。


● 我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世々厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ敎育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス爾臣民 父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ 恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ徳器ヲ成就シ進テ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ

● 常ニ國憲ヲ重ジ國法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン

 斯ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ



分かるでしょ。危険な詞が頻出するのに,全く触れてないんだ。勅語の文章を赤色(都合の良い部分,大臣閣下にとって)と,青色(都合の悪い部分)に分けてあるから,注意深く読んでみてちょうだい。


別の状況を新聞から引用するよ。


基本理念は「主権在君並びに神話的国体観に基いている」 2017年3月8日の参院予算委員会で
は,稲田氏が過去の雑誌の対談で

「教育勅語の精神を取り戻すべき」

などと発言していたことについて,社民党の福島瑞穂参院議員が「考えを変えたか,変えていないか」などと質したのに対して,

「教育勅語の核である,例えば道徳,それから日本が道義国家を目指すべきであるという,その核について,私は変えておりません」

「私は教育勅語の精神であるところの,日本が道義国家を目指すべきである,そして親孝行とか友達を大切にするとか,そういう核の部分ですね,そこは今も大切なものとして維持している」

「教育勅語に流れている核の部分,そこは取り戻すべきだと考えている」

などと「核の部分」「道義国家」といったキーワードを繰り返した。


絶望的だね。一国の防衛大臣だよ。このひと。



***



教育勅語は1948年,国会で排除や無効確認の決議が行われているんだ。衆議院の決議では,その理由が

「これらの詔勅の根本理念が主権在君並びに神話的国体観に基いている事実は,明かに基本的人権を損い,且つ国際信義に対して疑点を残すもととなる」

と説明されているよ。


防衛大臣はじめ,教育勅語・礼讃派は,このことを知っているんだろうか。


君はどう思う?

ご隠居さん 連中は,知らないか,知らないふりをしてるんじゃないかと思うよ。

私も同意見だね。


続いて書くけど,ここが,「聞きかじっただけの教育勅語」が大好きな防衛大臣やその他の連中のピント外れの点だよ。



では,次に進んで下さい。





つづく





















by yojiarata | 2017-03-28 22:29 | Comments(0)
<< いつか来た道 近づく足音 教育勅語 国民学校の記憶 >>