日本とアメリカ  菅内閣官房長官 本音を語る





ご隠居さん また書くつもりですか。

何を?

政治ですよ,政治。今年は控えめにすると言っておられたんじゃないの。

マ,そうだけど。だけど,時と場合によるよ。

で,今回はどうしてもというわけですか。

残念ながら,そうです。是非読んで下さい。

__________________________________________________


タクシーの中で,びっくりするようなニュースを聞いたよ。(2月24日午後,NHK,ラジオ第一)

あとで,ネットでもチェックしましたので,間違いありません。



● トランプ大統領 米の核戦力強化に意欲示す
2月24日 10時57分

アメリカの核戦力が他国に遅れをとっているという見解を明らかにしたうえで,「他国が核兵器を保有していくなら,われわれはその中で1番になる」と述べ,核戦力の強化に意欲を示しました。



私が驚いたのは,菅内閣官房長官の記者会見での発言です。


● 菅内閣官房長官「核なき世界目指す目標共有」

同日,閣議のあとの記者会見


日米両国はさまざまな機会を活用して,日米安全保障体制の強化に努めるとともに,核兵器のない世界を目指すという目標を共有しており,アメリカ政府とは引き続き緊密に意思疎通を行っていく。

ただ,現実問題として,極めて大きな脅威がわが国周辺にあることも事実ではないか。

そのうえで,菅官房長官は

「わが国は唯一の戦争被爆国として,核兵器のない世界に向けて核兵器国と非核兵器国の協力のもとに,1歩ずつ着実に前進を図ることができるよう最大限取り組んでいきたい。

と述べたよ。


***



ゴチャゴチャ,真意がよくわからないことを言っておられるようですが,何度も読んでみると,要するに,「日本は,何を言われれても,ご主人様であるあなた様について行きます」と,恥も外聞もなく,一国の内閣官房長官が公の場で喋っているのです。日米の主従関係を,政治家独特の表現で ”見事に” 語っているよね。

いずれにしても,所詮,子分は子分だからね。

公の場での内閣官房長官の発言としては,めったに聞けない 珍品 だね。





いずれまた
















by yojiarata | 2017-02-25 23:39 | Comments(0)
<< 原節子 と ドリアン・グレイ 船村徹 と 高野公男 >>