自衛隊の海外派兵  心を病んだ自衛隊員 と 自殺



ご隠居さん 何だか急に,ご機嫌が悪くなったね。


当然でしょう。遂に始まったからね。


何が?



5月28日(木) 7時28分配信の記事が,その日の新聞に載っているよ。


2003年から09年までイラクへ派遣された自衛隊員のうち,在職中に自殺で死亡したと認定された隊員が29人いることがわかった。27日の衆院の特別委員会で明らかになった。防衛省によると,うち4人は,イラク派遣が原因のストレスで自殺に至ったとみられるという。イラクに派遣された自衛隊員は陸海空の各自衛隊で約9310人。


01年~07年のテロ特別措置法にもとづくインド洋での給油活動に従事した隊員のうち,在職中に自殺で死亡した隊員は25人だった。こちらは,派遣が原因と認められる自殺者はいないという。この期間に派遣された海空の自衛隊員はのべ約1万3800人で,実数は明らかにしていない。


自殺者の総数については,共産党の志位和夫委員長の質問に防衛省の真部朗人事教育局長が答えた。真部氏は「個々の原因を特定するのは困難だ」と語った。志位氏は「自衛隊員の戦死者が出ていないものの,犠牲者がでていないわけではない」と指摘した。



*




安倍晋三首相肝いりの安全保障関連法案の本格審議が27日,衆院平和安全法制特別委員会で始まった。法案成立なら,自衛隊員のリスクが高まることが懸念される中,イラク特措法やテロ特措法に基づき,これまで現地に派遣された自衛隊員が帰国後,自殺したケースが54人(14年末時点)にのぼることが分かった。


共産党の志位和夫委員長の質問に,防衛省が,陸自21人,空自8人,海上自衛官が25人と内訳を述べた。原因を特定するのは一般的に困難との認識を示したが,志位氏は,派遣との因果関係は否定できないと指摘。「戦死者は出ていないが,犠牲者が出ていないわけではない。深刻な数字だ」と述べ,「非戦闘地域での活動でも,これだけの若者が犠牲となり,心の傷を負っている。活動範囲が拡大すれば,はるかに超える負担と犠牲を強いるのではないか」と首相に迫った。


首相は「胸の痛む話だ」 として,「(隊員は)現場でリスクを負いながら,任務をまっとうするため全力を尽くしている。今までの活動を比べる中で,非戦闘地域の概念を非戦闘現場とあらためたが,隊員は安全が十分に確保された所で活動し,戦闘になる危険性があれば退避する」と説明。志位氏は「総理はリスクを語ろうとしない。自衛隊の活動範囲をこれまでの戦闘地域に大幅に拡大しながら,隊員の安全確保を言うのは自己矛盾。ブラックジョークのたぐいだ」と,批判した。



「胸の痛む話だ」 なんて,いい気なもんだね。もし自分に息子がいて(実際にはいません),同じことが起きたら,こんな呑気なことがいっていられるんだろうかね。それに,「はやく質問しろよ」のことばを,民主党議員に浴びせたあの傲慢な態度。これがあの男の素顔ですよ。恐ろしいよね。



*




この点は,ついこの間のブログに,  『アメリカ国家の素顔 と 安倍政権 の 『戦争法案  に書いたよ。最後の部分を読んで下さい。

戦争に参加した兵隊さんの精神面での深刻な問題は,ヨーロッパやアメリカでは,随分前から,対策に苦慮しているのです。防衛相を中心とする大臣,官僚たちには,問題が全部が全部,戦争と直結しているという証拠がないなどと恍けているけど,そんなことは言わせませんよ。戦争のために心を病んだ元・兵隊さんの画像などを何回か見たことがありますからね。



最後にもう一つ。何度も,このブログに書いたことだけど,忘れてもらっては困るからね。



伊丹万作が遺した言葉

( 『映画春秋』 創刊号・昭和二十一年八月 )


多くの人が,今度の戦争でだまされていたという。

いくらだますものがいても,だれ一人騙されるものがいなかったとしたら,今度のような戦争は成り立たなかったにちがいないのである。

「だまされていた」 といつて平気でいられる国民なら, おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや,現在でもすでに別のうそによつてだまされ始めているにちがいないのである。







未完

by yojiarata | 2015-05-30 21:34 | Comments(0)
<< 有識者の選択と失敗  ” 安保... 諏訪根自子 の 記憶  巻の2  >>