そんなに急いで どうするの



ご隠居さん 今日は何の話



***


一月以上も前のことになるんだけど,新聞に次のような記事が掲載されたよ。

日立製作所は,21日,世界一速いエレベーターを開発,2016年に中国・広州市に完成予定の111階建てのビルに取り付けると発表した。時速72 ㌔ (分速1200㍍)。1階から,終点の 95 階まで43秒で着くという。

現時点では,台湾の101階建てのビルにある東芝エレベーター製のものが分速1010㍍で最速だったが,日立製はこれを大きく上回る。・・・・・ 新しいビルの建設が相次ぐ中国は,世界のエレベータ-需要の6割を占める。池村敏郎常務は「世界最速の開発で,日立の技術力を示すことができる」と話した。

(朝日新聞朝刊 2014年4月22日,5 経済)


恐ろしい速さだね。(日本の)高速道路の制限速度は,時速60㌔ でしょう。何だか,怖いよね。


*



事故なんて,絶対に起きないんだろうか。昔,アーサー・ヘイリーの小説 『ホテル』 にエレベーターの事故のことが書いてあったように記憶しています。本箱に入っているはずなんだけど,見つからないので,どういう状況の記述であったか,確認ができません。


それにしても,どうして,こんなムチャクチャに高速にしたがるんだろうね。速度を半分にしても,2分もかからないんだよ。

日立と東芝はつまらないことで競争しているように見えるんだけど,実は根は深いんだ (と,私は思うんだ)。


今年の2月15日のブログ より美しい 誇りのある国 に書いたけど,その時の新聞記事をもう一度読み直してほしいんだ。 


東芝,英で原発建設へ  事業会社買収を発表

東芝は15日,英国で原発の建設計画をすすめる海外企業を買収すると正式に発表した。原発3基を建設する。東京福島第一原発の事故後,日本で原発を新たに売り込むのが難しくなったため,海外での受注に力をいれており,今回の買収もその一環だ。

買収するのは,フランスとスペインの電力会社が折半で出資する「ニュージェネレーション(ニュージェン)」。

・・・・・

WH(ウェスチングハウス)を含めた原発建設で世界最大手の東芝 は,海外での受注に力を入れてきた。18年度には原発事業の売上高を13年度の2倍近い1兆円に増やす計画だ。ニュージェン買収は東電の事故後,東芝にとって国内外で初の原発受注となる。


世界一の生産台数を誇る東芝に,日立も続いているんだ。日本国内では,原発の発注は,望み薄だからね。巨大産業が,海外に進出して,我が物顔にふるまっているよ。これからも,ますます猛威を振るうだろうね。


これも前に書いたけど,

リニア中央新幹線 夢と現実


速さだけを追求して,「そんなに急いで どうするの」 の疑問には全く答えが出てないよね。技術的な問題を含めて,山本昭彦さん と一緒に書いた記事をもう一度読んでほしいよ。




未完

by yojiarata | 2014-06-04 12:14 | Comments(0)
<< ウクライナ危機   蚊帳 の ... 「ハゲ で デブ」 の リベン... >>