リハビリ教室 と エスペラント


ご隠居さん 今日の話題は何でしょうか。


前に何度か書いたけど,小生,週に2回,高齢者のためのリハビリ教室で体操などで体の筋肉などをほぐしています。

何年か前,ここに通い始めてすぐに気が付いたんだけど,こちらのビルの前を走っている早稲田通りのちょうど反対側に,懐かしいものを見たんだ。

君は,エスペラント のことをご存じ?

ご存じない。そうでしょうね。関心をもつ日本人は,1万人に1人もいないのではないでしょうか。

しかし,私にとっては,忘れようとしても忘れられない60年近くも前の出来事につながるんだよ。

エスペラントは,どこの国の人でも理解できる世界の共通語エスペラントを作ってその普及を夢見たポーランドのザメンホフの大変な労作です。ポーランドは,コペルニクス,カント,ショパン,キュリー夫人,ローザ・ルクセンブルグなど偉大な業績を残した人々を輩出しているよね。

言語学者であり,眼科医でもあったザメンホフ(1859-1917)は,ロシア帝政下のポーランドのユダヤ人居住区に生まれた。民族差別の最中に成長し,15歳の時に,のちにエスペラントとよばれることになる“国際語”の創造へと目をむけていたと言い伝えられているいるんだ。

詳しいことは,このブログに書いた記事
「円滑なコミュニケーションのために 第5話」

円滑なコミュニケーションのために 第1話-第5話
2012年1月25日


ザメンホフの夢 
2013年6月8日


日本エスペラント協会は,目の真ん前にあったんだよ。リハビリ体操をすっかり忘れて大興奮だったよ。

ウェブによると,

 創立者 小坂狷二

 団体種類 一般財団法人

 創立 1926年7月2日

 所在地 東京都新宿区早稲田町12-3


せっかくの機会だから,リハビリ教室の窓越しの撮った写真を載せておきます。


君にとっては,どうでもいいことかもしれないけど,人にはそれぞれ ”わが青春 ”の思い出というものがあるでしょう。

不肖・荒田洋治にとっては,エスペラントこそ,その一つなんだよ。

私の父親は,エスペラントに夢中になり,毎週1回,学生など10数人を集めて会をやっていたよ。始めから終わりまで,延々2-3時間,エスペラントだけでね。

ついには,エスペラント協会の岡山支部長に収まって悦に入っていたよ。

父は,医者を生業としていたから,ドイツ語は得意だっただけど,英語はむろんのこと,いくつかの言語にも興味を持っていたんだ。それを見ていて,私自身も,語学,特に英語の勉強に熱を入れることになったんだ。

私がこんなことを書いているのは,何事も,夢中になって,長年粘り強く続けることがなければ,物事は成就しないということだね。

最近はやりの英語だってそうです。

興味があれば,ザメンホフの夢をじっくり読んでください。




____________________________________________________________________________



a0181566_23491456.jpg


a0181566_00054724.jpg





おしまいです







# by yojiarata | 2017-11-11 22:20 | Comments(0)

ブログ瓦版 1704




宴のあと



安倍晋三首相による 奇襲作戦 は図に当たった。4年前,安倍氏に原発「即ゼロ」を迫った小泉純一郎元首相の言葉を思い出す。「首相の権力は強い。ピンチをチャンスに変える権力を首相は持っている」。安倍氏は今回,政治上の師の教えにつまみ食い的に従った。大義の怪しい強引な解散劇だったが,結果的にピンチをチャンスに変えたことは確かだ。

10月24日 朝日新聞 朝刊 1面 「座標軸」冒頭部分

(ゴチ,着色は筆者による)



9月28日に小生が掲載したブログ に注目! とくに,次の部分。

【 近く総選挙だそうだけど。何故?,今?, と思うでしょう。私の頭にすぐに浮かんだのは,やはり,森友学園,加計学園問題だね。】






読み切り











# by yojiarata | 2017-10-25 20:25 | Comments(0)

ブログ瓦版 1703(号外)




勝海舟,伊丹万作,永井荷風 かく語れり




指揮権発動  日本の政治の系譜 その1




指揮権発動  日本の政治の系譜 その2








読み切り

# by yojiarata | 2017-10-21 09:43 | Comments(0)

ブログ瓦版 1702



早速,ブログ瓦版(1702)を書きます。次回からは,こんな前書きもなく,ただ番号だけにします。



選挙は真っ盛り

創刊号で書いたけど,私は毎週2回,リハビリ教室に通っています。そこでは,大きなテレビに,必ず,民放の ” ワイドショー ” が映し出されています。リハビリに来ておられる じいちゃん,ばーちゃんが楽しみにしておられます。じいちゃんの一人である私は,ワイドショーを何時間も連続して観るのは初めてです。

選挙が,完全にショーになり,どこの政党がどうなるだとか,この人が当選する確率はどうとか,大変な騒ぎですよ。 

今日,立候補者が道を走っておられるのを見たよ。襷 たすき に,普通は,名前と党名を書くものだと思っていたんだけど,この方の襷は違っていたよ。曰く


本人


有名人が大勢出るもんだから,区別を付けるためにそうされたのでしょうね。


ともあれ,選挙のワイドショー化は,良くも悪くも,選挙の結果に影響するんじゃないかな。






読み切り

# by yojiarata | 2017-10-19 01:09 | Comments(0)

ブログ瓦版 創刊号・1701



ご隠居さん 題を見たところ,またまたヘンテコなことを始めるようだけど,ご隠居さん かおかたち は,見たところいつもと変わりありませんね。

 何の変りもありませんよ。あるはずないじゃないの!

分かりましたよ。怒らないください。

ところで,毎日,何しているの。

 超後期高齢者の私は毎日が日曜日です。

そのことは,これまで何度も何度も聞いていますよ。

 そうだったね。

それで,・・・・・

 近くの古道具屋さんで手に入れた安楽椅子(3千円,消費税込み,運搬費込み)にぼんやり座っています。快適だよ。大変なお買い得だったね。

足腰が完全崩壊したため,外出が事実上不可能だからね。幸いにして,頭のほうは,今のところOK(?)のようだから,こうしてブログを書いているんだ。

外出は,週2回のリハビリ教室(区の援助によって運営,自動車に相乗りで運んでもらえます),あとは病院に行くとき。タクシーで,身体障害者の割引があります。

この年になると,病院に通う頻度も種類も半端じゃないよ。これまでに,小児科と婦人科以外はすべて受診しました。



***




快適な3千円の安楽椅子に座ってぼんやり過ごしているうちに,頭に浮かんだ ”由無し事" を,短い読み切りものとして書き残すのはどうかなと考えたわけです。2,3行のメモなども,該当するよ。2,3行では,普通のブログの形式にならないからね。

名前を付けておかないとあとで困るから,今回の創刊号には,「ブログ瓦版・1701」のように,発行年と番号を付けておくことにしました。

今回は創刊号だから,それぞれの記事は短くないけど,次号からは短いものを並べたものになる予定です。




記憶の濃淡 仁志敏久と日本シリーズ 

人間の記憶というものは,興味深いよ。一つのエピソードをとってみると,エピソード全体を覚えているかどうかとは別に,部分的にはっきりしていることもあれば,そうでないこともあるよ。

仁志選手と日本シリーズの関りが,私にとってはひとつの例です。

以前,ブログに私がケーブルテレビを観ていると書いたよね。私が加入しているケーブルテレビには,元ジャイアンツの仁志選手が,解説者として登場します。

そこで,記憶の濃淡の話:

昔の日本シリーズ

ジャイアンツとパリーグのどこかのチーム

まだ,シリーズが決まる前の試合

相手の走者がサードにいて,ホームを窺う

難しいセカンドゴロが飛ぶ

このゴロをさばいたセカンドが,バックホームして走者をアウトにする

敵ながら見事なプレー

あっぱれと認めざるを得なかった


この時のセカンドが仁志選手だったんだ。結局,日本シリーズを制したのはジャイアンツだった。そして,この年の日本シリーズの結果につながったプレーを一つだけ選ぶとすれば,仁志選手のこのプレーだったと,今も残念の思い出します。


ネットで調べれば,詳細は簡単にわかるだろうけど,やめておきます。
 



新聞記事の作成方法

2017年10月12日 東京 夕刊 2総合に次のような大きな見出しで始まる記事が載っています。

村上文学,「本能的で即興演奏のよう」 イシグロ氏,母校で講演

この見出しだけ読むと,講演で実際にそのような話をされたように思って,身を乗り出す人もいるはずです。

しかし,この記事全体を読んでみると,次のように書かれています。


【 会場からの質問に答える形で,村上春樹さんにも言及。「本能的で即興演奏のようだが、重要なことを伝えようとする明確な意図がある」と村上文学の魅力を語った。】


新聞の見出しの作り方を見ていると,例えば,戦争中の新聞記事の作り方を思い出すよ。




運動選手と声

女子選手の体調を正常に保つには,どうしたらよいかが,大きな問題になっています。

女子選手だけでなく男子選手も何か問題があるのではないかと最近思うことがあります。私がそう考えたのは,選手の声を聞いてからのことです。

インタビューに答える選手の声が,変声期前の声なのに驚いた次第です。男性ホルモンの分泌が影響されているのではないかと気になります。




歴史と声

最近は,歴史の番組をよく観るよ。とくに,NHKの「BSプレミアム」で,『英雄たちの選択』が毎週木曜日の午後8時から9時まで放映されています。資料を丹念に集めて制作された番組です。

歴史についていろいろ勉強になるんだけど,残念ながら昔のことなので,登場人物の「姿かたち」などはわからないよ。当然といえば当然だね。徳川家康といえば,ボテッと太ったあの肖像がどこの本にも載っているでしょう。いわんや,声。全くお手上げです。

百年,千年のうちには,動きながら喋っている「家康」を見る日が来るんだろうか。やっぱり,過去は過去だから,しょうがないか。


***



こんなことを書きだしたのには,わけがあります。

どこかで,オランダ人宣教師のルイス・フロイス(1532-1597)が,織田信長は,キーキー声だと言ったとか,言わないとか書いたものを読んだことがあるんだ。

もしそうだとすれば,唯一無二の記録になるよ,と思ったわけです。

フロイスは,織田信長や豊臣秀吉らと親しかったらしく,戦国時代研究の貴重な資料となる『日本史』を著したことでも知られているんだ。だけど,この『日本史』そのものの信憑性にも疑問を持っている人のいると聞きました。

歴史家も大変だね。

声といえば,北の坊やの声は,一度も聞いたことがないんだけど,君はどう? 演説する姿はいつも見るよね。

余談だけど,松本清張の初期の作品に,「声」という題の短編があるよ。何人もの声を聴き分けて記憶できる ” 電話交換手 ” が巻き込まれる事件を題材とした作品です。


フロイスについて書いておきたいことがあります。

フロイスはその著『日欧文化比較』(『大航海時代叢書 第1期,第XI巻p.629)に,

【 ヨーロッパでは言葉の明瞭であることを求め,曖昧な言葉は避ける。日本では曖昧な言葉が一番優れた言葉で,もっとも重んぜられている 】

と書いています。

このコメントは,すごいね。今に続く日本の本質を400年以上も前に見抜いているよ。

選挙も近いことだし,われら日本国民全員が,念頭に置くべき重要な点だね。どこかの能天気な大臣の先生に,どう思うか聞いてみたいね。



読み切り








# by yojiarata | 2017-10-18 01:05 | Comments(0)

核シェルター 1971年1月 タンパ・フロリダ



ヘンテコな題だけど,いったい何の話なの?

私は,新聞(朝日)とっているけど,あまり真面目に読まないんだ。理由はいろいろ。でも,1面の見出しだけは嫌でも目に入るよ。

10月4日の夕刊1面に大きな文字で

自宅に核シェルター 日本特需

とあり,読んでみると,アメリカの核シェルター・製造販売屋が,日本からの受けた注文が

2年前  ゼロ
去年   6 台
今年   100台 以上

だと書いてあるんだ。

さらに,うち71件は,7月,8月に集中しているそうだよ。なんとなくわかるよ。あの独特な髪形の坊やの動きが活発になった時期だよ。

販売会社の総支配人も,この商売を14年やってるけど,こんなの初めてだと喜んでいるそうだよ。新しいもの,珍奇なものを売って商売するのに,日本は大変適した国だと世界中で思われているようだからね。

因みに,6畳ほどの広さの最小タイプは,4万5千ドルだそうです。カラーのイラストまで載っているよ。


***



こんなことを書き始めたのには,訳があるんだ。

1971年の1月だったと記憶しているけど,アメリカに初めて滞在していた私は,学会の講演の合間に,タンパの町をふらふら歩いていると,それまでに見たことのない看板がそこここの家に掛かっているのに気づいたよ。Fallout Shelter と書いてあるんだ。

はじめは,いったい何だろうと思ったけど,フロリダはキューバの目と鼻の先にあり,1962年のキューバ危機のことが頭に浮かんだんだ。

この国は核を使ったことはあるけど,使われたことがない,やっぱり怖いんだなと思ったよ。

現在では,インターネットに 詳しい説明 があるよ。興味があればお読みください。

多分,あの時の「核シェルター屋」と縁のあるシェルター屋が日本で商売を始めたんだろうね。


***



核シェルターを買うにしても,値段が値段だからね。金持でないと買えないよ。やはり,世の中,お金だね。

がんの特効薬が色々登場しているけど,1年に何千万もかかるそうだね。これらの薬が本当に効くとしても,生き残るのは,金持ちだからね。

君も無駄遣いをしないように,コツコツ貯金して,難局に備えてください。

  



未完

# by yojiarata | 2017-10-07 17:38 | Comments(0)

映画・飢餓海峡 に 観る 日本の美学



ご隠居さん 前回はかなり真剣な話題を取り上げられましたね。

仰る通りです。だけど,言っておきますけど,私はいつも真剣です。だからなまじめなことしか書きません。

分かっています。それで,今日の真剣な話題というのは?

ちょっと横道に逸れるけれど,私は毎日が日曜日の後期高齢者だから,いろんな自由度があるんだ。その一つがケーブル・テレビです。野球少年の私にとって,嬉しいテレビです。セ・パ両リーグの全ての試合が,試合終了まで楽しめるよ。おかげで,楽天のオコエがすっかり成長して,1番を打っている姿を見ることができたよ。


話を元に戻すと,ついこの間,このケーブル・テレビで,飢餓海峡(内田吐夢監督作品,1965)を久しぶりに観ることができたよ。

水上勉の原作の出版,映画化の時のごちゃごちゃした騒動で大変複雑な問題の末に上映されました。

だけど私のような映画少年にとっては,映画の素晴らしさがすべてです。


三國連太郎,左幸子,伴淳三郎 3人の演技が圧倒的だね。最初,プロデューサーは,左幸子の役に佐久間良子を考えていたらしいけど,内田監督の意見によって左幸子になったそうだよ。大正解だね。

ともあれ,下北半島の荒波を見事に再現したモノクロ画像,さらに,待っている恐ろしくも悲しく,ショッキングなラストシーン。

久しぶりに観たけど,やっぱり素晴らしい。

日本映画の最高の作品の一つとして,いつまでも記憶に残る作品です。

映画そのものの内容は,ウェッブでご覧ください。また,DVDも入手できます。


***



ところで,最近,ヨーロッパのいろんな映画祭に,日本から我も我もと参加,上映されるんだけど,どうも旗色がよくないね。昔の黒澤作品の血を引く作品が今も作られていると誤解されているんじゃないかね。

要するに,日本の文化,哲学がどれだけ作品に込められているかじゃないだろうか。

余計なことかもしれないけれど,この考えは,ノーベル文学賞にも当てはまると思うよ。2017年のノーベル文学賞 (Kazuo Ishiguro, Never Let Me Go)について,選考委員会は,「偉大な感情の力をもつ小説で,我々の世界とのつながりの感覚が不確かなものでしかないという,底知れない淵を明らかにした」とコメントしています。因みに,Ishiguro さんは,5歳の時に両親とともにイギリスに移住した日系のイギリス人です。





おしまい

# by yojiarata | 2017-10-05 23:31 | Comments(0)